素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

グッドナイト・マミー 親子の間で最も必要なこと。 


 guddonaitomami0.jpg
 グッドナイト・マミー
 (2014年 オーストリア映画)  79/100点


本作は、アカデミー外国語映画賞において、オーストリア映画代表に選ばれたサスペンス・ホラーの傑作です。

見とれるほどの映像美と、捻った展開、心理的にゾクっとくる演出など、しっかり作られた上質なホラーであることは間違いありません。

が。

本作は、絶対に人にお薦めできません。

なぜならば、本作には、決して映してもらいたくない「あいつ」が画面に盛り込まれているからです。
そう、それは、ハリーポッターの「あの人」並に名前すら呼びたくない、「真夏の部屋に出てくるあの黒い虫」のことなのです。「あいつ」を、まるっきり写しこんでいるどころか、要所要所でキーポイントのように使っているってどうなのよ。
外国人の感性を疑います。たまに映画に出てくるのです。『メン・イン・ブラック』しかり。邦画で映しこんでいる作品なんてないでしょう? 日本人ほど嫌いじゃないのかな…?
第一、登場人物が「あいつ」を大量に捕獲して飼っているって設定だもんで、もはや、画面を見ていられませんでした。
ただ、「あいつ」は、オーストリア種で、日本の「あいつ」と形が異なるので若干マシですけど、それでも同じ名称だと思うと、おぞましさは変わりません。大きめのダンゴ虫だと思えば可愛いもんだって? それにしても黒々してる上に大きすぎでしょ!? フォワイ! オーストリアンピーポー! オカシーダロ! ビンにたんまり詰め込んだり! 神社の餅投げみたいに掴んで放ったり! わんさか湧き出てきたり! 顔の上に置いたり! 口に  

途中、涙目でした。

というわけなので、どうにも心のスイッチが切れたような鑑賞になってしまったのでした。
大抵のホラー描写やグロテスク描写には慣れてますが、これだけはダメです。やっちゃダメなやつです。

けれど。

それ以外は、確かに見応えのある映画なんです。残虐さと哀しみが混在した、見事な切ない系ホラーでもあります。ゆえに、モッターイナーイ。

グッドナイトマミー


あらすじは、「富裕な別荘に住む双子の兄弟・エリアスとルーカス。彼らの元に、顔の手術を終えた母親が帰って来る。しかし、優しかったはずの母親は、ひどく冷徹になっていた。果たして本当の母親なのか。兄弟は、次第に疑念の目を向け始める…」というお話。

美しい双子の少年二人の元に、顔を包帯でぐるぐる巻きにした、まさにマミー(mummy)ならぬ、マミー(mommy)が帰ってきます。

mummy.jpg ←こちらが、mummy。

まmmyimages ←こちらがmommy。

本作は、あまり説明がなされません。なぜ母親が顔を手術するに至ったのか、父親はいないのか、仕事は何をしていて、こんな豪華な別荘に住んでいるのか…その辺りが全く語られないため、一切は推測していくことになります。映画が後ろ手に何かを隠し持っているようで、それが不安な空気を流しこんできます。いつ、どこで、恐怖の真実が破裂するかわからない緊張感が、じとりと滲んでいるのです。

とにかく。

かつては優しかった母親が、明らかに人が変わったように、冷徹でヒステリックになっています。
そんな母親に対し、徐々に反発し始める兄弟に、母親は虐待のような折檻を与えるのです。

深まる溝。

『アンビリーバボー』風に言うと、物語は、思いもよらない展開を迎える!


グッドナイトマミー3


<ネタバレします。最も重要なネタバレはしません。>


驚嘆しました。
本当に、思いもよらない展開でした。
強いて言うなれば…タランティーノの『デス・プルーフ』です。恐れさせていた者と、おののいていた者の逆転。
本作に善悪があれば、それはすこぶる痛快であったことでしょう。
しかし。
本作の恐ろしさは、愛情で結ばれている母・子と、兄・弟に巻き起こる悲劇である点にあります。根底にあるのは、壮絶な「誤解」と「すれ違い」 それは、アンジャッシュのコントと違って、クスリとも笑えません。「児島だよ!」くらい、クスリとも笑えません。

母を想う気持ちゆえに、「彼」は執拗に「母」を責めることになります。
もしかすると。
兄・弟の絆ゆえ、「彼」を否定する「母」が許せなかったのかもしれません。

母親に、落ち度はあったように思います。
心の傷を抱えていたであろう「彼」に対し、余りにも対処法が乱暴でした。

一般的に、子を心配する余り、親は良かれと思って厳しい態度で接します。しかし、それが子にうまく伝わらず、かえって反抗期を強めてしまう結果になることはよくあります。傷付けてしまい、むしろ自信喪失に陥らせてしまうことも、よくあります。職業柄、そういう光景をたくさん見てきましたが、それは、大抵は「説明不足」が起こしている場合が多いです。子を叱る時、「理由」をしっかり理解させること。さらにその上に、それが「愛情」に基づいて行われていることを、十分に示すことが鉄則だと思うのです。

そこが、本作の母親の決定的な過ちでした。
ただ、母自身も傷つき、混乱していたのです。それもまた、子を想う「愛情」の深さゆえなのだから、皮肉にもほどがあります。

本作の物語では、「子への愛」と「親への愛」が表裏一体であり、それゆえ、交わることなく突き進むのです。

茫然。

ただし、最後の大オチは途中で気づくかと思います。気づけるようにたくさんの伏線が敷いてあるからです。勘のいい人ならば、序盤で分かるようです。
それでもこの結末は、もはや前述の「あいつ」を上回る衝撃を与えました。
そういえば  mummyにはメラがよく効いたなあ…(衝撃のあまり、現実逃避中)

結論:まず、親子でしっかりと話し合うことが大事です。それと、子どもの好きな歌くらい、把握しておきましょう。
訂正:すみません、嘘言ってましたが、私には結末よりも「あいつ」の衝撃の方がはるかに凄かったです。


 

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>

関連記事

Posted on 2016/07/02 Sat. 00:21 [edit]

TB: 0    CM: 0

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/306-03715c84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list