素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

マネー・ショート華麗なる大逆転 正義なきビジネス。 


 マネーショート
 マネー・ショート 華麗なる大逆転
 (2015年 アメリカ映画)  80/100点


経済にまつわる社会派のコメディー映画です。といっても、内容は結構難しいです。作中で簡単そうに工夫して説明していますが、正直付いていきづらいです。
けど、あまりにも「どう? わかりやすいでしょ?」と言わんばかりのドヤ顔で説明するもんだから、とても「わかりません」とは言えません。先生としては、最悪です。

だけど。

そんなこと分からなくても、ブラックコメディーとして十分に面白いです。
・悪い奴らが考えた金融商品が、徐々にアメリカ経済を危機に陥れていく。
・その状況に気づいた優秀な奴らが、それを逆手に儲けようと企てる。

上記2点の物語の筋さえ分かれば、立派な「大人の社会見学」映画として楽しめます。
邦画にも、優秀なお金にまつわるエンタメ映画があります。『マルサの女』です。税にしても投資にしても、お金のルールは複雑ですが、「なんだか怪しい」という雰囲気さえ掴めればいいのです。

マネーショート5


とはいえ。

下記の用語は作中で何度も出てくるため、分かっていた方がいいのは確か。
詳細は他のブログの方が説明していますので、ここでは、さらにさらに、かんたーんに説明してみます。
何度も言いますが、雰囲気さえ掴めればいいんだから! こまけーこたー、ドンブリ勘定でいーんだよ!(←投資で失敗するタイプ)

・サブプライムローン
リーマンショックと呼ばれるアメリカの経済危機の犯人です。
住宅ローンの一種です。恐ろしいことに、このローンなら、お金を返せる見込みのない低所得者にも、どんどんお金を貸しちゃうことができるのです。

・MBS(モーゲージ債)
上記のローンで人にお金を貸したら、当然貸した人は、利子付きで返してもらう権利を持ちます。
実際に貸した人から、その権利をいくつかまとめて買うことが出来ます。それが、モーゲージ債。
これを買った人は、利子付きで返ってくるお金を期待しているわけですね。返済できない人たちに貸しているお金とも知らずに…。

・CDO
上記モーゲージ債を含む複合金融商品です。登場人物のマイケル(クリスチャン・ベール)やマーク(スティーヴ・カレル)は、これを大量に保有していました。そして、危うさに気づき、それを逆手に取る作戦に出るのです。

・CDS
上記モーゲージ債が怪しい…、こりゃあ、いまに価値が下がるぞ、と気づいたマイケルが、下がった時に多額のお金がもらえる保険を作りました。それがこのCDSです。ただし、毎月相当な額の掛け金を払わねばなりません。もしモーゲージ債の価値が下がらなければ損ばかり。当時、モーゲージ債は盤石と思われていたので、この保険を発明し、自ら加入したマイケルの行動は理解されませんでした。実際、なかなか価値が下がらず、マイケルが焦りだす部分が物語のサスペンスとして機能しています。


特に注意すべきは! 「CDO」と「CDS」のつづりが一字違いのため、混乱しがちなことです。「青海」と「青梅」くらい間違いやすいです。by R-Village Girlsのメンバー・MEIさん(22)

上記の説明は、相当に簡略的で、しかも間違っているかも(!?)
でも、詳しくない人はそれぐらいの認識でいても、十分に楽しめます。
それほど、面白みの強いキャラクターや皮肉でこしらえたピリ辛な物語を、カラッと明るい演出で見せているのです。


続いて、登場人物のご紹介。

マネーショート1
マイケル(クリスチャン・ベール)
いち早くCODの暴落を予見し、CDSを発明した天才的トレーダー。裸足でエアドラムしながらパソコンに向かう変人。変人というからには…クリスチャン・ベールの真骨頂。


マネーショート3
マーク(スティーブ・カレル)
CDSに乗っかろうかどうしようか、悩み中の人。CDOに含まれるサブプライムローンを調査し、そのいい加減な実態を目の当たりにする。もともと、金融業界に猛烈な憤りを抱えていたこともあり、仲間の誰もが疑っていたCDSに魅力を感じたのかもしれない。さらに言えば、彼にとって、CDOの暴落は「願望」だったのかもしれない。物語途中で挿入される村上春樹の一節の通り。「誰もが心の奥底では、世の終末の到来を待ち受けている」


マネーショート2
ジャレド( ライアン・ゴズリング)
CDSを売る側の人。疑ってくれと言わんばかりの怪しげな髪型と軽い口調が特徴。彼がものを売りにやってきたら、たぶん誰も信じねーでしょう。しかし、CDOがいかに危ないかの説明を、彼がジェンガを使って説明する辺りが秀逸。


マネーショート4
ベン(ブラッド・ピット)
若手の投資家二人をサポートするブラピ。途中、彼は浮かれる二人に激怒します。「お前らが儲けるということは、逆に不幸になる人がいるということだ!」と。さすが本作のプロデューサーでもあるブラピ。きっちりバランス取ってきます。できたら家庭内のバランスにも気を配ってほしかった。


上記の登場人物たちは、マイケル組、マーク・ベン組、ブラピ組という風に完全に分かれており、交わることはありません。3組の群像劇として別々に展開していきます。もちろん、3組ともCDOの暴落を待っているのです。

さて。

ちなみに本作には、「正義」というものはありません。
登場人物たちは、それぞれ自分が「稼ぐ」だけです。この腐った金融システムを糾弾しようとか、詐欺のような悪い奴らを断罪しようとか、そういったことは一切ありません。
結局、賢い変人たちが一抜けしただけの話。おまけに、何の「実」もないビジネスです。一般的な人にとっての「仕事」とは、「誰かの助けになり」「その報酬でお金をもらう」ことです。はっきり言ってマイケルたちは、誰の助けにも、何の役にも立っていないのです。だから、この物語にはカタルシスがありません。ノアの方舟に滑り込めた彼ら以外の者たちは、ついに訪れるリーマンショックという名の不況の嵐に呑み込まれます。お金持ちが損するくらいならいいです。終盤には、家を失った低所得者が、家族とともに車で寝泊まりする様子が映し出されていました。

マネーショート6


バブル崩壊の仕組みは、普通に考えればシンプルです。価値のないものに、あたかも価値があるように値付けているため、いつかそれが浮き彫りになるだけです。価値があるうちに売った者は勝ち、売り遅れた者が損をするわけです。
投資は、やはり、ほぼ賭博です。「損をする方に賭ける」というCDSの仕組みを思い付いたマイケルの発想は、確かにすごいとは思うのですが、これも賭博です。投資や保険という名が付けば、賭博も立派なビジネスになるのです。野球賭博も、「応援していたチームが負けた時の精神的ショックを保障する」保険として、売り出せばいいんじゃないでしょうか。そうすれば、立派な商品になります。

それに、株等の投資ビジネスは、よほどのプロでないと勝てないといいます。また、緻密に戦略を練って買った株より、ダーツを投げて決めた株の方が儲かった、なんて話もあります。
つまり、リスクは高いわけです。
結局、よく分かっていない素人は、「投資に手を出さない」 実は、それが最大の防御策であったりします。それこそ、本作のオープニングで語られている様に、「自分が無知であることを知る」ことが、損をしない一手になるのだと思うのです。


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったらランキングにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

 <スポンサードリンク>

コメディの関連記事

 <スポンサードリンク>

Posted on 2016/10/21 Fri. 22:38 [edit]

TB: 0    CM: 0

21

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/317-de40a374
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list