素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。

ボーン・アルティメイタム /やっちまわない硬派なスパイ。 


 aruteximeitamu.jpg
 ボーン・アルティメイタム
 (2007年 アメリカ映画)  80/100点


<最後までネタバレしてます。>


シリーズ最新作がレンタル開始になったことだし、まだ未見だったシリーズ第3弾の本作を、ようやく鑑賞。

「ボーン・アイデンティティー」
「ボーン・スプレマシー」
「ボーン・アルティメイタム」とタイトルの分かりづらさは健在。アルティメイタムの意味は「最後通牒」だそうで、和訳してもなお分かりにくいのでした。

アルティメイト


しかし、シリーズ最高傑作ともいわれる本作は、これまで培ってきたシリーズの魅力の集大成です。
本シリーズの特徴は!
「暗い!」
「地味!」
「ヒロインがふつー!」

と書くとあんまりですけど、本シリーズはまるで頑固な職人のようなイメージです。何一つ浮わついていません。主演マット・デイモンのイメージ通り、すごく硬派でマジメなアクション映画なのです。
『ミッション・インポッシブル』や『007』と比べるとそれは歴然。

「キラキラ笑顔を振りまくスパイ映画の主人公がいたんですよ~」
「ゴージャスなガールとすぐにいい仲になるスパイ映画の主人公がいたんですよ~」
BO-N.jpg

YA(ヤ)CHI(チ)MA(マ)TA(タ)NA(ナ)ー!!
と、クールボーン(ポコ)なら怒り出すことでしょう。

あらすじは、「なぜ自分が暗殺者になったのか。あとちょっとで思い出せそうなボーンは、CIAの追手をまきながら真相に近付いていく」…といったお話。簡単に言うと、そういうお話。

アルティメイト3


ロシアでボーンが警官に追われている所から物語はスタートします。逃走の途中に過去の記憶が蘇っていくボーン。
なぜオレは、CIAの暗殺部隊に身を投じてしまったのか…。
その記憶の断片が頭の中に浮かんでは沈みます。

その後、新聞に自分のことを書いた記者・ロスに接触しようとロンドンに向かいます。
時を同じくして、CIAはエシュロンと呼ばれる盗聴機能を使い、最高機密の作戦名である「ブラックブライヤー」というワードを携帯電話で発したロスに目を付けます。
このエシュロンの存在は「都市伝説」らしいですけど、実在するのではと噂されてます。世界中の携帯電話の会話を盗聴し、テロや機密に触れたワードをチェックしているといいます。
どれだけ精巧なんでしょうね。聞き取り違いはないんでしょうか。「アイス買ってきたよー」「わーい、ブラックモンブラやー」とか、無闇に拾わないですかね。(ブラックモンブランは九州限定販売のアイス)
「あんた仕事なにしてるん?」「なーに、ブラブラしとるブライ(無頼)ヤー」とかでも拾われたら大変。

ともかく!

ボーンもCIAも、ロスという新聞記者に接触しようと試みます。
ロンドンの駅では、監視カメラにロスが映らないよう、携帯電話で遠隔操作。そこでしゃがめ、そこで曲がれと、監視カメラの位置と動きを計算し、ロスを導く様子はさすがのプロです。
本作の魅力は、こうした何気ないプロフェッショナルな職人芸を、ボーンがさらっと披露するところ。ドヤ顔ひとつ見せず、寡黙な表情でミッションをこなしていくボーンのカッコよさ。

モロッコでのシークエンスも素晴らしい見応えです。
ロスの情報源だったダニエルズの暗殺をもくろむCIAと、それを阻止しようとするボーンの攻防。
ここでもヒットマンが登場。本シリーズでは、敵ヒットマンがなかなか手ごわく、ボーンでも一本取られてしまうところが面白いです。ロンドンでのロスと、この場面でのダニエルズ、そして前作では恋人のマリーさえもヒットマンにやられました。ボーンがそばに付いていたにも関わらず。
超人のようでいて失態も見せるボーン。「可能な限り等身大」というシリーズ当初の人物設定が活かされています。

さらに、かつてCIAでの仕事仲間(それ以上の関係?)だったニッキーと行動をともにしたことで、ニッキーも命を狙われます。これ以上負けていられないボーン。モロッコの家の屋上や部屋の中を走り回り、飛んだり跳ねたり、小池さん宅をドタバタ横切る藤子不二雄キャラのようにニッキーの元に急ぎます。
しかし、ヒットマンも徐々にニッキーに肉迫。かつて、マリーを物語序盤で退場させた実績のある本シリーズですから、もしかして…? とハラハラさせます。
予定調和のない物語は、緊張感が違うのです。

KOIKESAN
モロッコ追跡場面のイメージ。
(注:本作のスピード感はこれの100倍はあります)


窓ガラスを割って飛び込んでいくボーンと、ヒットマンとの壮絶な肉弾戦が凄いです。
部屋の中にある物を駆使して闘うボーンは、さながらジャッキーチェンを思い出させますが、遥かにリアル感があります。
「武器がない時は、分厚い単行本で敵の首を狙うといいよ!」という、豆なライフハック感が漂っています。そして例によってサラリとしているのがいい。知識の披露にドヤ顔がにじむ林先生とは違うのですよ。

アルティメイト2


終盤では、ボーンはニューヨークのCIA本部に近付きます。
ここで驚いたのが、前作のラストシーンが出現するところ。
パメラに電話したボーンが、自分が近くのビルにいることをパメラに悟らせる場面です。回想ではありません。なんと前作のラストシーンは、本作終盤の伏線だったのです。これって、今までにない手法じゃないですか? 

その電話を盗聴していたCIAも大慌て。どこだどこだと大騒ぎ。これがまたボーンの仕掛けた陽動だったってのが巧いです。機密が隠された金庫の開け方にも、いちいち知恵が回っています。敵に電話したり居場所を教えたり、ボーンはかまってちゃんかよって突っ込ませておいて、なるほどそうきたかーっと。CIAだけでなく観客をも煙に巻くボーンの機転。…というか、映画の構成の妙技に唸らされます。
ツッコミどころを探しながら映画を見てしまう、ひねくれブロガーは恥を知りなさい!(私です)

終盤では、ボーンはトレッドストーン作戦の本拠地だった場所へ乗り込みます。
その過程での壮絶なカーチェイスは、本シリーズの見どころです。
スピード感あふれる矢継ぎ早なカット割りには、頭の中が揺さぶられるような迫力があります。本物の事故を目の当たりにしたような恐怖さえ感じます。衝突の衝撃は凄まじいだろうに、シートベルトをトリッキーに使いこなして危機を脱する、ボーンの小技が粋です。生き残りサバイバル術にかけては、「初耳」はないであろうボーン先生なのでした。

ただ…。
ラストで明かされた「真実」は、正直言うと、そこまで衝撃はなかったように思います。「君(ボーン)自ら志願したんだぞ」と敵の親玉はしたり顔で言っていましたが、だましたり洗脳したりしてた部分も多いわけで。「実はボーンはいい人間ではなかった」というくらいの「事実」があると面白かったかな。

しかし、ここには、CIAに動かされている「ヒットマンたちの悲哀」があります。

ラストで、ボーンを追うヒットマンは、ボーンへの銃撃をためらいます。ボーンから、「なぜ君はオレを殺す?」と問われたからです。ボーンは、致し方ない場合を除き、「コロシ」を辞めていました。それは、彼が人間らしさを取り戻すために必要なことだからです。
「それで人間といえるのか」 
最後にして、ちょっとドヤ顔で語るボーン先生。ヒットマンは思わず銃を下ろすのです。ああ、自分の名前と記憶を取り戻し、人間らしさを取り戻したボーン…
あの…、水を差すようで悪いんですが、車やバイクを盗むのもダメですからね。(逃走の時に、すぐ盗むから)

アルティメイト4


ラストの構成も実に特徴的です。
銃撃され、水の中に身を投げたボーン。死んだように動きません。場面は先に進み、後日ニッキーがニュース映像を見ているところ。「ボーンの遺体は発見されていない」というアナウンスを聞き、ずっと能面だったニッキーが珍しくニヤリとしたところで、過去に映像が戻り、水中のボーンが動き出します。
その瞬間、おなじみのエンディングテーマが鳴り響くカッコ良さ! 第80回アカデミー賞にて、編集賞を獲得したのも納得。この場面、二度、見返しました。

それにしても。

この渋みの利いた本シリーズの特徴は、果たして最新作『ジェイソン・ボーン』でも活かされているでしょうか。心配です。
まさか、美女キャラクターとか出てこないでしょうね。
その美女といい仲になったり…、やっちまっていないでしょうね!? もしそうなら私は許さない。

…っていうか…

「現実離れした美人捜査官とか出てくるんですよ~」
ニッキー

ニッキーが黙っちゃいないでしょう。


↓前2作の感想はこちら。
「ボーン・アイデンティティー」
「ボーン・スプレマシー」


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>

関連記事

Posted on 2017/03/13 Mon. 20:21 [edit]

TB: 0    CM: 0

13

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/333-2edf1c2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list