素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

ドント・ブリーズ /盲目の、…ヒーロー? 


 ドントブリーズ
 ドント・ブリーズ
 (2016年 アメリカ映画)  84/100点


ドンブレス5

2016年に傑作だと話題になった本作は、パッケージが『スクリーム』ぽくってホラーそのものって感じですけど、なかなか重厚なスリラー映画でした。狙われる登場人物が3人くらいだし、無駄に人がたくさん死なないので、残酷ホラーものとはちょっと違います。

アクションとしても面白いってところが、いい!

あらすじは、「泥棒3人が忍び込んだ家の主人は、盲目でもスゴ腕の退役軍人だった! おまけに、この家にはある恐ろしい秘密が隠されていた。果たして、3人は無事にこの家から脱出できるか…」という物語。

DONNBURI-ZU 1
先に忍び込んだのは、おめえさんたちの方だぜ…

と、座頭市なら呟いたことでしょう。
そう。本作で被害に遭う3人は、「泥棒」です。それも、あくどい金持ちだけを狙っている義賊ならばともかく、こいつらは、盲目のおじいちゃんがたんまり金を持っていると知り、舐めきって奪いに来るのです。まさに、藪から蛇ってやつ! そう聞くと、「なるほどー、悪い奴らがバッタバッタとなぎ倒される爽快感があるんだなー」と思いがちですが、これもまたちょっと違います。この泥棒たちは、あまり「悪い人」には描かれていません。けれど、盗みはれっきとした「悪」ですよ。ここが、結構本作の賛否両論ポイントのような気がします。

ではここで、ドロボーさんたちをご紹介!

ドンブレス3
・ロッキー
父親をなくし、育児放棄な母親に頭を痛めている女。悲惨な家庭環境に嫌気がさし、仲の良い妹とカリフォルニアに逃げる事を決意。その資金の為、盲目じいちゃんの家から大金をせしめる賭けに出ます。可哀想な境遇ともいえますが、渋るアレックスが自分に気がある事を知ってかどうか、甘えて巻き込む様子は立派に不二子。


ドンブレス2
・アレックス
父親が警備保障会社に務めていることをいいことに、その警備会社と契約している家々のセキュリティシステムを解除しては、泥棒を繰り返します。「重罪になるから10万ドル以上は盗むな」とか、「撃たれても文句言えなくなるから銃は持ち込むな」などと、細かなルールを課していて慎重です。が、「今はこれが精一杯…」なんて言ってる場合じゃないぞ!このバカ! 慎重どころか、万一捕まったら君のオヤジは路頭に迷うぞ! 結局彼は、一番のヘタレ。にも関わらず、劇中ではなぜか良識派みたいに振る舞ってるのが、なんか癪なんです。


ドンブレス4
・マネー
盗んだあげく、家の中に小便まき散らす…。


こんな三人に、絵に描いたような因果応報が待ち受けていました。
↓三人が忍び込んだ家には、こんなおじいちゃんが巣食っていたのです!
C4ctdcjVUAAzb91.jpg
・盲目の老人
盲目でも、鋭敏な聴覚を駆使して敵を制圧する元・軍人です。強さは並大抵ではなく、結構カッコイイ。実は、ある恐ろしい秘密を隠していましたが、それも含め、この人には強烈な哀愁が漂っています。本作は、加害者・被害者それぞれに事情があるのです。それがあって本作は、スッキリしたエンタメになりきれていません。個人的には、どうせなら泥棒たちを「完全悪人」にしてしまって、それをこのじいちゃんがバッサバッサと倒していってくれたら、痛快だったように思います。是非、そういうアクション映画として続編があると面白いんじゃないでしょうか。『盲目のおじいちゃん ニューヨークに行く』みたいな感じで。それだけ、このおじいちゃんのキャラクターは面白いです。

ドンブレス6


序盤はちょっとだれましたけど、中盤から、そんなに広いわけではない家の中というワンシチュエーションで、こんなに物語が展開する脚本は凄いと思いました。終盤のロッキーの闘い方も良くて、ちょっと燃えます。ただ、おじいちゃんが100%悪い人に思えないから、やっぱり乗り切れない部分もありますけど。

DONNBURI-ZU 1
(金庫から金を)先に抜いたのは、おめえさんたちの方だぜ…

座頭市なら、絶対そう言ってますって。


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
よかったらランキングにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

 <スポンサードリンク>

ホラーの関連記事

 <スポンサードリンク>

Posted on 2017/03/28 Tue. 20:53 [edit]

TB: 0    CM: 0

28

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/336-05155f9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list