素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。

クリ-ピー 偽りの隣人 /となりのサイコ。 


 クリ―ピー
 クリ-ピー 偽りの隣人
 (2016年 日本映画)  88/100点


ものすごい怖い映画でした。

もちろん、本作は心霊ものではありません。同じように、先日観た『ドント・ブリーズ』も非心霊もので怖かったですが、全くもって毛色の違う怖さです。あちらは、「お化け屋敷」のようなエンターテイメントな怖さ。それに比べ、本作は、一歩間違えば自分もその危険に迫られるかもしれないと怯えさせます。

だから、見終わった後にゲンナリします。

自分の周囲に、本作で登場するような人間はいないだろうかと不安に襲われるのです(実際いたりします)。だいぶ脚色していますが、本作の原作小説は、実際にあった「北九州監禁殺人事件」を下敷きにしています。
信じられるかい。こんな奴、世の中にホントにいるんだぜ…

本作の監督は、鬼才・黒沢清。
本作では、監督の本領をいかんなく発揮。骨の髄まで凍りつかせます。素晴らしいのは、突然人が飛び出してくるような、「ワッ」というような短絡的な怖がらせ方はしないところ。
「ハリウッドよ、これが恐怖描写だ」と言いたいくらいです。
「ワっ」なんて青いんだよ。「ゾっ」なんだよ、「ゾっ」

それは物語だけに限らず、意図的に照明が暗くなる演出や、あまりに気まずい会話、カットがちょっと切り替わった後、そこにいたはずの人がいなくなっている等、いちいち「ゾっ」とさせます。

序盤がなかなか。あるサイコパスによる凄惨な事件が起こります。そこで、犯罪心理のスペシャリストでさえ理解不能なサイコパスの異常性を見せつけ、もう序盤から震え上がらせます。
とてつもなくヤバい映画だと分かる導入部です。

クリーピー0


そして圧巻なのは、役者陣の巧さ、…中でも、サイコパス・西野を演じる香川照之の巧さが相変わらず。ドラマや映画やテレビ番組で何度となく見ている香川照之。本来おなじみ過ぎて、もっと言えばつまんないキャスティングなんです。
が。
それでも、香川照之が本当にサイコパスにしか見えず、心底ゾォっとさせるのだから、とんでもない演技力なんだと思います。

高倉とその妻・康子が越した家の隣人が、その西野だったのです。
西野の言動がとにかく怖い。さっきまでにこやかだったのに、相手の何気ない一言に、急に顔色を変えます。康子の「今度は奥様もぜひ」という社交辞令程度の言葉に、「どういう意味ですか?」とキレ気味になるのです。その後、高倉に「あなたの奥さんが根掘り葉掘り聞いてくるので困る」と異様なクレームを付けます…。
普通じゃない。
こんな奴が、「僕もそろそろ大人の自動車保険かな~」って笑顔向けたって気を付けろ!

さて。

本作は、サイコパスの手による「洗脳」の話です。
人を自分の意のままに操つる「洗脳」は実在します。次第に正気を失っていく康子の表情が恐ろしいです。え…? なんでお前、イヤな奴って言ってた男を家にあげてんの…? 嫌いだと言っていた相手と、不自然なほど自然体で仲良くしている康子の姿は、意味も解らずゾクゾクさせます。

非現実的なホラー映画とは、比べものにならない恐怖です。だってそんなことが、日常からほんの先で、実際に起こっているのだから。

思えば、康子は元来「洗脳」されやすい人間であったのかもしれません。世間知らずで人を疑わない性格と、寂しがり屋な性格の隙に、西野は付け込んだのだと思います。
その逆に、同じく隣人である田中は、人付き合いを好まず、猜疑心が強いから、西野に取り込まれていませんでした。

それにしても。

康子の夫であり、主人公・高倉は、ちょっと残念でした。出来る男を醸していて、あんまし出来ません。
心理学のプロなのに、人の心理が分かっていません。序盤の犯人説得からしてミスを犯します。そもそも犯人の目前で、「オレが説得する!」って高らかに宣言するなんて。誰が聞いてやるもんかって、相手が意固地になるでしょうが。
事件に関係した女性への聞き込みも、強引な部下を制止しておいて、段々自分の方がヒートアップしてんやんの…。
極めつけは。
西野がかなりヤバい奴だと気づいていながら、妻を置いたまま出掛けるって何なんですか。帰ってみたら妻がいない… ホワァイ!? ってバカー!

こんな夫なものだから、妻・康子の洗脳は着々と進んでいくのでした。


ただ。(以下、ネタバレしていきます)

クリーピー1


本作の怖さは、中盤から少し失速します。
それは、西野の家の異様な地下室が出て来てからです。
ハリウッドの猟奇殺人系の映画のように、地下室が、映画的に装飾され過ぎです。鉄の扉なんて出てきた日には、せっかくの「日常性」がブチ壊れです。一気に「ただの物語」になってしまい、鑑賞者との間に一線が出来てしまいました。

おまけに、「洗脳」に、「謎の薬」を利用する描写は、大変肩透かしでした。そこは、じっくり西野の能力だけで「洗脳」させてほしかった。確かに、実際の「洗脳」はそれなりに時間を要します。短い上映時間で「洗脳」を描写するには、「薬」が手っ取り早かったのかもしれませんが…。

「洗脳」の描写は、同じく「北九州監禁殺人事件」をモデルにした、マンガ『闇金ウシジマ君』の「洗脳君」の章の方が詳しいです。…読んだ後、本当にイヤな気持ちになるので、オススメしにくいですけど。

そうはいっても。

世の中に、「サイコパス」や「洗脳」は確かに存在するということは、知っておいた方がいいと思います。
サイコパスはターゲットに人当たりよく近付き、急にターゲットの凡ミスに難癖を付け始め、正論を吐いて罪悪感を植え、恫喝し、(周りが君の陰口を言っていると嘘を付いて)孤立させ、逃げ場のない状態にします。

怖いのは、いったん洗脳させたら厳重な監視もいらないことです。これは、専門用語で「学習性無力感」と言います。「逃げようとする」意思さえ奪うのです。
実際の監禁事件で、被害者が逃げようとしていないことを不思議に思う事がありますが、この心理状態だと言われています。

クリーピー2


ところで。

本作の世間の評価はあまり高くありません。
批判されているように、よく分からない部分が多すぎるのは、確かです。
6年前に、唯一西野の毒牙を逃れた女性の謎が解決していません。
ラスト、高倉が洗脳を逃れた理由も「?」のままです。
まあでも、あそこで高倉が撃ってくれた時は、何とも言えない爽快感がありましたね。倍返しだ!ってくらい。

ただ、元来「理屈」では理解しえない人間を描いた映画ですから、本作に蔓延している「不可解」は、むしろ狙いだったのかもしれません。

一説には、主人公・高倉も、被害者に向かって「面白い」などと言ってしまうほど、相手の気持ちを気遣えないことから、サイコパスである可能性があるようです。
また、思い出してみれば、高倉の部下・野上(東出昌大)も怪しいです。
終盤にようやく高倉に協力する刑事(笹野高史)も、どこか様子が変です。部下を怒鳴りつける姿には、パワハラの気質を感じます。

気付いてみると、西野に限らずここかしこに、異様な人間性を見せるキャラクターが配置されているのです。

そうであるなら。

きっと私たちの身近にも、そういう人間はいますよ、きっと。


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>

関連記事

Posted on 2017/04/04 Tue. 21:09 [edit]

TB: 0    CM: 0

04

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/338-7b360897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list