素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

アフタースクール あらすじも書けないほど、全てがひっくり返るよ。 


 アフタースクール [DVD]
  アフタースクール
 (2008年 日本映画)80/100点


現在「鍵泥棒のメソッド」が絶賛公開中の内田けんじ監督、2作目の映画です。
公開当時、巧みなストーリーのこねくり回し方が随分絶賛されていました。
日本映画にあまり見ない二転三転の展開で、恐らく鑑賞した大部分の人は、中盤以降、ところどころで「びっくり」させられることでしょう。

映画の宣伝キャッチコピーは「甘くみてるとダマされちゃいますよ」だったらしいですが、けっこう、絶妙にネタバレしてるキャッチコピーだと思います。
だってほら、ねえ…、誰が一番甘く見られてるかというと…って話ですよ。
正直、ネタバレ厳禁な映画なので、頑張ってネタバレしないように感想を書きたいと思いますが、それだと、ほんとあらすじだけでも書きにくいです。

だって、AさんはBさんの〇〇だけど、そう思わせて実際は、BさんはAさんとCさんの〇〇であって、Cさんは、Dさんと一緒にAさんを〇〇するけど、実はAさんはCさんと〇〇で、けど、観客はそこで、実はAさんとCさんは〇〇だなと思うんだけど、どっこい、CさんはAさんとBさんの〇〇で……あれ? いや、Bさんは、AさんとCさんと、か。それで…ええと、ん? Dさんって誰だっけ…。

とまあ、中盤以降で世界が変わるほどのどんでん返しをするから、あらすじの書きようがないんですな。
 
とにかく、大泉洋、堺雅人、佐々木蔵之助、常盤貴子といった豪華なメンツが、ダマしダマサれの物語を楽しげな芝居で突っ切ります。
コンセプトとして面白いのは、出演者の誰かがだまされてはいるんだけど、そんなことよりも、思いっきり「われわれ観客をだますこと」に重点を置いているところです。
スタート当初から、「だましたる~」「だましたるで~」と言わんばかりに、ミスリードな仕掛けを散りばめています。だから、この映画は2回目の鑑賞が面白いと随分言われていたものです。(商売上手! けど、ほんとに2回目が面白い)
「あれってそうだったんだ!」「確かに嘘は言ってないよな!」などといった、2回目には「確認作業」を楽しめる、一粒で二度おいしいアーモンドチョコレートな映画となっているのです。

映画
(誰がダマし、ダマされるのか)


伊武雅刀のやくざの親分もさすがの存在感です。終盤、ドスの聞いた貫禄をぶち壊された時の「あら…?」はさすがに巧いなあ。そのシーンは、どんな大爆破シーンを見せられるよりも、手を叩いて喜んでしまいそうな痛快なシーンでした。

ただし、ひねった展開につじつまを合わせるためか、所々、筋が通っていない点もあると各方面から指摘されているようです。
私自身も気になったところがあるのですが、ネタバレしないように言うと、それは、AさんがFさんと〇〇したことで、Aさんの〇〇であるGさんがDさんを使って〇〇するけれど、けど、なぜ、Gさん……もう、いいや。

細かいことは気にせずに、素直な気持ちでだまされた方が絶対に面白いです。要は、こんなレビューなんて読まずに見るのが一番! (身も蓋もない!)
 
それにしても、内田けんじ監督は新作「鍵泥棒のメソッド」でもひねったストーリーを展開しているようですが、それが「売り」になってしまうと、この先がキツくならないかと余計な心配をしてしまいます。
「大どんでん返し」を期待され過ぎて評価を落としていった「シックスセンス」のM・ナイト・シャマランのようにならないといいですが…。
シャマランからの忠告として言っておくと、間違っても、水をかけたら弱っちゃうエイリアンを出したり、壁を越えたら時代設定がどんでん返ししたり、藪から棒にファンタジーアドベンチャー映画を作ったりしてはいけないよ!




記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったらランキングにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

 <スポンサードリンク>

コメディの関連記事

 <スポンサードリンク>

Posted on 2012/09/18 Tue. 23:33 [edit]

TB: 0    CM: 0

18

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/38-665156bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list