素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

孤狼の血【感想・レビュー】こんな先輩はイヤだ。 


 孤ろうの
 孤狼の血
 (2018年 日本映画)  
 89/100点



<結末以外、ネタバレしています>


素人ブロガーじゃけえ、何を書いてもええんじゃ。そんな気持ちでパソコンに向かってます。

と言うわけで、広島弁が大変気持ちいい本作。少し前は、『この世界の片隅に』の広島弁が心に残ったし、こりゃ三浦マイルドの復活も近いんじゃないかのう! のう!

で。

『アウトレイジ』に挑戦状を叩きつけるかのごとく、東宝が、ヤクザ映画を満を持して復活させました。

それこそ、全面戦争くらいの気合ですよ。本作にたぎる熱量は、ノワールもので頭角を現す韓国映画に引けをとってたまるかとばかり。邦画のレベルも、段々復活してきたと嬉しいばかりです。

狼


ただ。

気合が入り過ぎて、マジで「濃厚」です。『アウトレイジ』の方は、どちらかというと「ファンタジー」なんです。良い意味で「ヤクザごっこ」を楽しむ映画なので、描写に愛嬌があります。しかし本作は、ドラマも暴力の描写も、かなりどぎつい。のっけから、拷問(特に豚の糞のあたり)で心折れかけたもの。

出て来るヤクザの方々も、「全員悪人」というより、「全員下劣」 クラブでの傍若無人ぶりはあまりにひどくて、不快です。まるで中学生のガキ大将みたいに、幼稚でハタ迷惑な奴ら。実際も、あんなんなのかなあ…。

だもんで、人によっては鑑賞がツラいかもしれませんね。

で。

本作の主人公:大上章吾(役所広司)は、やくざと癒着ズブズブの刑事。バディとなった真面目な刑事:日岡秀一(松坂桃李)が、大上に振り回される、という話。

プロット自体は、よくあるタイプですね。新人が先輩に痛い目に遭わされながら、成長するっていう、アレ。『トレーニング・デイ』とか『キングスマン』とか。『キッズ・リターン』や『その男、凶暴につき』も。最近見始めたドラマ『スーツ』も、そうでした。

大上は最悪の先輩です。ヤクザと喧嘩してこいとか、無茶ぶりします。素直に従った…というか、まんまと乗せられた日岡は半殺しです。先輩にしたくない人、ナンバーワンだなあ…

さて。

「役所広司」というキャスティングは、本当はあまり好きじゃないんです。だって、どの映画にも「役所広司」ばっかりで。意外性のない、面白くないキャスティングだなあ…と。

でも、やっぱり巧い。間違いなく、巧い。昨年の『三度目の殺人』の時は、得体のしれない不思議な男を演じ、本作ではヤクザもビビリ上がるようなアウトロー。この役の幅はさすがです。そりゃ、みんな使いたがるよなあ。

松坂桃李も、負けじと気合満載です。菅田将暉に並ぶ、気合系の若手俳優です。遊戯王カードなみの熱量を見せる!!(松坂桃李がハマってるらしい)

その他のキャスティングも豪華ですが、特に江口洋介は印象的でした。「ワシが主役じゃいかんのか」と言わんばかりの(言ってないけど)、気迫のイケメンヤクザを演じます。佇まいのカッコ良さ。こういう役柄は、ちょっと『スワロウテイル』を思い出した(懐かしー)。

石橋蓮司やピエール瀧は…、キャスティングは『アウトレイジ』と被らせない方がいいんじゃないかと思ったけど。それにしても、石橋蓮司はどこに行っても、ひどい目に遭うね。

狼3



<結末以外、ネタバレしています>


急に話は飛びますけど、大上の「実はいい人」って設定は、ちょっと肩透かしを感じました。ギャップ効果狙いにしても、あまりに狙い過ぎな気がして。あんないい加減で賄賂も受け取って、取調室でナニしてるような輩を描写しておいて、終盤になって急に「カタギの為に一生懸命だった」って、めちゃくちゃいい人過ぎません?

振り子の片側から片側へギューーンって振れ切れてて、少し付いていきづらい。 

ただし、その証拠は、クラブのママ(真木よう子)による、やたら説明的な証言のみですけどね。彼女にとっては、そうだっただけかもしれませんよ。本当は、もうちょっと私利私欲の人だったのでは…? とか思います。

邦画や日本のドラマは、主人公をどうしても「善人」にしたがります。その点でいえば、『アウトレイジ』は突き抜けています。本当に、「全員悪人」ですもん。だから主要人物が死んじゃうけれど、全く哀しくない。

逆に…、本作では、ぎゅっと胸を掴まれた気分になりました。何とも言えない哀しさがありましたね…。あ、石橋蓮司のことじゃないっス!!

狼2


ということで。

ヤクザ映画の復活! というよりも、これほどの重量級のノワールが邦画で観られたことが、とても嬉しいのでした。

意外に、ラストのオチがバッチリしてるのが小気味いいね!! そうそう! 大上はそういうやつなんだよ! …あ、でも、ある意味、そういうお世話もしてくれるということですか? だったらボク、大上先輩に付いていきたい!(そういうことじゃない)


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリックにて1票、お願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>


Posted on 2019/03/11 Mon. 21:35 [edit]

TB: 0    CM: 0

11

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/412-d27a31cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list