素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。

メランコリア 危険厨に悩むシャルロットゲンズブール。 


 無題
 メランコリア
 (2012年 デンマーク映画)85/100点


「明日が地球最後の日だとしたら、最後には何が食べたい?」というお決まりの質問があります。
ステーキ?
フォアグラ?
寿司?
おにぎり? 

正解は、「地球最後の日に、食欲なんかあるわけない。」です。

本作は、悪名高き(?)ラース・フォン・トリアー監督の最新作です。
人には強くお薦めしにくいけど、これは傑作です。
トリアー監督は、「奇跡の海」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「アンチクライスト」と、いつも「女性のうつ(メランコリー)」を主体に描きます。
トリアー監督は、自身がうつ病を患っている上、カンヌでのナチ擁護発言など、空気読まずの「困ったちゃん」です。本作の主人公には、監督の性格がそのまんま投影されているのです。
キルスティン・ダンスト演じるジャスティンの凍りつくような「うつ症状」が描かれます。
そして、もう一つ描かれているのが、「地球最後の日」です。
 
惑星「メランコリア」が地球に急接近する、という設定でお話は進みます。
もちろん、「アルマゲドン」や「ディープインパクト」のようなパニックムービーになっているわけがありません。
万一、そんな映画を期待してDVDを借りようものなら、冒頭5分で、十円玉が挟めるほど眉間にしわが寄るでしょう。

「うつ」と「地球最後の日」? この二つのテーマがどう絡まりあうかというと…


(以下、今回はネタバレしてますので、ご注意を)


映画は前半(ジャスティン編)と、後半(クレア編)の2部構成です。
前半では、ジャスティンの結婚式の一日を舞台に、ジャスティンの普通ではない心理状況を次から次へと描きます。
2時間も披露宴会場に遅れておいて、大して気にしていないどころか、客を待たせながら先に愛馬の元に行っちゃうなんて、見ているこっちがハラハラします。
そもそも田舎の狭い道を、むりやりでっかいリムジンで進もうとするのも、地球規模のバカップルぶりで、残念無念です。
その後も、会場を抜け出したり、花婿の話を完全スルーしたり、突然雇い主の会社の社長に毒づいたり…
見ているこっちは、頼むからもう何事も起こさないで! とジャスティンの姉のクレア同様、不安にかられます。
それにしても、次から次へと人を傷つけるジャスティン。「憂鬱そうなジャスティンの表情の向こう側で、怒って車で去っていく客」という構図。これを全く同じく2度続けられた時は、思わずコントみたいで吹いてしまいました。まさに、テンドンです。
もちろん、彼女は深刻な「うつ」を患っているので、悪意でやっているのではありません。
しかし、周りの理解を得ることができなければ、「周囲を振り回すとんでもない人」とみなされてしまうのです。
理解を示そうと努力する姉のクレアでさえ、 「時々あなたが、たまらなく憎くなる」と口に出してしまいます。

無題2
(披露宴にて、スーパーマリッジブルーを惜しげもなく披露)


前半では、見ているこちらの息が詰まりそうになるほど、ひたすらジャスティンの「うつ症状」が描かれますが、ある意味これは、後半の伏線ともいえます。

後半は姉のクレア編です。クレアを演じるのは、前作「アンチクライスト」で、衝撃的過ぎる演技を見せたシャルロット・ゲンズブールです。今回は、いたって普通の人。
さていよいよ後半では、「地球最後の日」に至るまでが、クレアの視点で描かれます。
なぜ、前半はあんな感じだったのか。そのすべての意味が、後半で判明するというわけです。
 
惑星「メランコリア」は、少しずつ地球に接近します。
クレアは不安で潰れそうになっています。クレアの夫であるジョン(キーファー・サザーランド)は、ゴルフ場を経営する大金持ちです。調査能力に優れ、「メランコリア」は地球に衝突しないという確信を持っているので、冷静です。
息子が一人います。聡明そうな小さな男の子です。
そして…、歩けないほど「うつ」が重症化したジャスティンも登場します。

怖いのは、登場人物がこれだけということ。
屋敷にいた執事は、途中でいなくなります。
「メランコリア」の接近に、他の町の人々のリアクションや報道シーンなどは一切出てきません。
世界から隔離されたような状況が、とても寂しく、不安を深めさせます。

しかし、ネットは健在のようです。クレアは、「メランコリアは地球に衝突するか」という情報を一心不乱にネットで探るのです。
体温のない「無機質な情報」に恐れおののくクレア。
驚きました。まさに3.11の時、ネット上は「福島第一原発事故」の「不安な情報」に溢れ、多くの人がクレアと同じような状況に追い込まれました。多くの日本人は、クレアに容易に感情移入できることと思います。
 
アイディアが秀逸だなあと思ったのは、「惑星メランコリア」が果たして地球から離れていっているのか、もしくはさらに接近しているのかを確かめる方法です。針金を、肉眼で見える「メランコリア」の大きさに合わせて円状にし、数分の時間が経った後、「メランコリア」がその円より小さくなっているか、大きくなっているかで測ります。このアナログ感が、かえって観客の不安な感情をゆさぶることに成功しています。
円状の針金を「メランコリア」に合わせようとする瞬間、すごくドキドキします。
だって、クレアの動揺がこちらにどんどん流れてくるから、見ていて怖いのです。

次第にジャスティンの立場と、クレアの立場が入れ替わります。 
失うもののないジャスティンと、幼い子どもを抱え、裕福な暮らしをしているクレア。
「この世の終わり」に、二人の反応は実に対照的です。
前半では壊れそうだったジャスティンが、後半では憎らしいほど余裕タップリです。
前半では気丈だったクレアが、後半では目を背けたくなるほど悲しみに暮れます。


無題2
(どんな人間にも、平等に死が訪れる…)

 
いろいろな見方はあるのですが、おそらく…(たぶん?)、この一連の騒動はジャスティンの妄想の可能性が高いです。 
私が見つけた唯一の根拠は、「18番ホールしかない」としきりにジョン(クレアの夫)が話していたゴルフ場に、「19番ホールの旗」があること。
これにより、「現実ではない」と思いました。
また、屋敷の敷地からなぜか外に出られない(馬が進むことを拒否する)のも、狭い妄想の世界であることを示しているように思います。

これは、ジャスティンの願望なのか。
なぜ、こんな願望を持つのか。

3.11の話に戻ります。
あの時の「ネット」の状況はむごかった。
放射能で日本がどうなるかわからない大変な事態に、ネット上では「最悪の事態を望んでいるような狂気」が書き込まれていきました。
勝ち組、負け組の大逆転だ! と言わんばかりでした。

トリアー監督の狙いは、そんな下衆なことではないでしょうけれど、「あいつは、うつ病だ」などと指をさしている連中に向かって、「いざ大事が起きれば、みんな、戸惑い、たじろぎ、苦しむのだ」と、私怨をぶつけているようにも見えました。
本作の絶望的なラストシーンを、トリアー監督はこう解説します。
「この結末は、これ以上ないハッピーエンドなんだ」と。


 

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>

関連記事

Posted on 2012/09/23 Sun. 08:34 [edit]

TB: 0    CM: 0

23

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/42-3d852e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list