素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

ひまわり /戦争する、とはこういうことだ。 


 無題
 ひまわり
 (1970年 イタリア映画)
 80/100点



たまには古い名画を取り上げてみたりしちゃったりして。

戦争によって引き裂かれた夫婦の物語です。
当時主題曲が流行ったそうですが、かなりの名曲です。というか、どこかで必ず聞いたことがあると思います。
壮大かつ、世の不条理を嘆いた悲しみのテーマです。

あらすじは、「第二次世界大戦中、一組の夫婦が結ばれるが、夫はロシア戦線に駆り出されたまま、戦争終結後も行方不明。その夫を妻が必死に探すが…」というもの。


<ほとんどネタバレしています>


ひたすら名画ですから、野暮なツッコミなんぞはヤケドを負いかねませんので、大人しく語りたいと思うのです。
例えば、妻役のソフィア・ローレンが美人過ぎていまいち同情できないとか、旦那はロシア美人と結婚したんだから、もーいいじゃーん的なツッコミなんか、ヤケドどころか焼身ものですよね。

などと、浮かれたことを言ってはいけないくらい、反戦の意を込めた重たい映画なのであります。
『私は貝になりたい』のような、戦争による家族を引き裂く物語は、本当に身につまされます。

もう二度と会えないかもしれないという思いを抱えての別れ。

本当に二度と会えない、と覚悟しなければならない絶望の悲しみは、想像を絶します。

無題2
(長くは続かない幸せの日々…)


本作の夫・アントニオは、ロシア戦線において死地を経験します。
数分でも立ち止まれば体が凍りついてしまう、四方1000キロの雪の中を、食事も水もなくひたすら歩き、そして倒れてしまうのです。

妻・ジョバンナは、戦争終結後、行方不明の夫を探して単身ロシアに向かいます。
言葉もわからない中、夫の写真1枚を手に、聞き込みをして回るのです。
「コノシャシンのダンセイをシリマセンカ」くらいロシア語を勉強していけばいいのに、なんて言ってはいけません。
それだけ、必死だったわけです。
 
その後、奇跡的に見つかった夫は、なんとロシア女性と結婚していました。
しかも、子どもまで作っていました。
悲しみに暮れる妻。ソフィア・ローレンの演技が素晴らしいです。

無題3
(夫との残酷な再開の後、ジョバンナは逃げるように列車に飛び乗り…)


映画は、そこで終わるべきだったと私は思います。

が。

その後、夫アントニオは、ジョバンナとヨリを戻そうとイタリアに戻ってくるのです。
えー!? 子供いるのにー!? …やはり突っ込んでしまいました…

結婚わずか数十日で、戦争によってジョバンナと無理やり引き裂かれたわけで、気持ちがわからんでもないですし、ありきたりな倫理観で映画を語るのは本当に野暮ですが、子どもを犠牲にしてでも、という発想は、受け入れられるものではありません。

アントニオが今の生活・家族すべてを投げ捨て、ジョバンナとヨリを戻そうとした瞬間、「悲恋」というより、「身勝手な男」の物語という風にガラリと印象が変わったのでした。

しかも、その心の動きを奥さんに完全に勘づかれているという情けなさ。家族のお引っ越しの日に、アントニオが憂い気に黙り込んでいるからです。
もうちょっと、上手に立ち振る舞おうじゃないかアントニオさんよお。

悲しそうな奥さんがみじめに思えて、そこからアントニオへの感情移入の気持ちがささーっと冷めたのは、まあ、個人的な感想なのでお許しください。

それにしても、一面のひまわり畑の映像は圧巻です。
一面の美しい希望の色の下には、戦争で無念の死を遂げた兵士たちの遺体が埋まっているのです。

ひまわりのように、暖かい陽の光を求めた兵士たち。

叶わなかった帰路への切望。

戦争するとは、やはりそういうことなのだと思い知らされたのでした。




記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>


Posted on 2012/09/29 Sat. 23:49 [edit]

TB: 0    CM: 2

29

コメント

 

自分が輝いていた時代、幸せだった時代が本物だって思いたいものです。
ロシアで家庭持ってもアントニオの心は平穏ではなかったはず。
あなたのコメントは浅い気がします。
きっとお幸せなんですね、良いですね。

URL | よっしー #- | 2014/12/25 22:48 | edit

よっしー様 

すみません…ひねくれてるのかも…

ただね、アントニオの心が平穏でないのはよく分かります。
だからといって、家族の立場はどうなるんだろうと心配になるのです。
「自分の不満」が先行してしまい過ぎていると思いました。
家族をもうけてしまった以上、責任は生じます。
どんなに不本意であろうと、
家族を持った以上は全てを呑みこまねばならないと思っています。

って現実的過ぎ…?

URL | タイチ #- | 2014/12/26 11:49 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/51-abbe723e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list