素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

アーティスト ラストに、拍手喝さいの仕掛けがあった! 


無題1
 アーティスト
 (2011年 フランス映画)90/100点


第84回アカデミー賞で、「ヒューゴの不思議な発明」を凌ぎ、本作が作品賞を獲得した時、「どーせ、年寄りアカデミー会員の懐古主義だろー。時代に逆行した白黒の無声映画なんて、いまどきナンセンスなんだよなあ」と思ってましたよ。
ゆえに劇場で鑑賞するわけもなく、DVDがレンタルされてから、ちょっと遅ればせながら、まあ一応見とくかあという気持ちで蓋を開けてみたところ…

ごめんなさい。めっちゃくちゃ面白かった。

ラストは感激しました。素晴らしいです。大傑作だ、これ!
しかも、上映時間が77分と短く、時間に悩むブロガーにもやさしいなんて!
すごい映画です、ほんとに。劇場で見とくんだった。ラストのたっぷりとしたタップシーンに、もーほんとにおなかタップタプだー!(あまりの面白さに錯乱中)
 
序盤はとにかく出演陣がキラキラしていて、終始笑顔に満ちています。
主人公のジョージとヒロインのペピー、その他新聞記者や映画のスタッフや観客、町の人々が、とにかく元気元気で楽しそうに描かれています。
目は口ほどにものを言うと言いますけれど、まさに、声が聞こえてこないだけにキャラクターたちの豊かな表情に魅せられ、自然にこちらの頬も緩むのでした。
特にジョージとペピーの笑顔の爆発力とその伝染力といったら、ほんとに素晴らしくって、どんなネガティブシンキングをも吹き飛ばす威力です!

  無題3
  (ジョージ役のジャン・デュジャルダンはフランスの俳優兼コメディアンです)

  無題2
  (ペピー役のベレニス・ベジョもまたフランスの俳優兼コメディエンヌ)
  (実は、本作の監督ミシェル・アザナヴィシウスの奥さんでもあります)
 

しかし、ここで面白いのは、本作が単なる無声映画ではないということ。
ジョージは無声映画のスターです。しかし、世の中には段々と「トーキー」という音の出る映画が誕生し始めていました。
「そんなもの、はやらないさ」と全く相手にしないジョージでしたが、ある楽屋での場面にて、彼や我々観客の耳に、椅子をひく音や小道具の倒れた音、犬がキャンキャンと鳴く声が突如聞こえてくるのです。しかし、ジョージの声だけはやはり聞こえない…。
これに焦るジョージでしたが、気づいたら夢だったという場面。
つまり、「無声映画に仕立てておいて、突然音を出す」という演出を試みているのです。
たまに最近の白黒映画で、一部分だけ色を塗っている場面とかありますよね。あれの「音」バージョンです。
そうなってくると、たぶん大体の人はラストシーンがどんなものになるか想像できるのではないでしょうか。私はこの時点で、ラストシーンにワクワクしました。
この瞬間「やられたー」と思いました。これ、絶対ラストが面白いぞと。

ジョージの予想を反して、世間では「トーキー」が一世を風靡します。
ジョージは次第に落ちぶれていき、反対に女優のたまごだったペピーがスター街道を突き進みます。
実は互いに恋に落ちていた二人ですが、ジョージはプライドもあってペピーから離れていきます。自暴自棄になり、ついに行き着く先は…。
ま、ストーリーは王道中の王道。予想通りに進んでいきますが、それでも面白いのは出演陣の演技力と、期待せずにはいられないラストシーンへの羨望のたまものでしょう。
「無声映画」懐古主義に陥らず、「やっぱり音があったほうがいいよね」という、我々観客の心理をちゃんと分かった上での展開が素晴らしい。
ラストシーンはほんとに鳥肌ものです。途中、やさぐれてからムッツリ顔の続いていたジョージとペピーが再び輝くのです。これは、一緒に踊りだしたくなるぐらいの楽しさ!

主人公ジョージのそばにいつも一緒にいる「犬」も、ちゃんと芝居をしているから驚きです。
アギーという名のこのお犬様は、しっかり犬版アカデミー賞・金の首輪賞を受賞!
そりゃ、納得です。主人を助けるために走るアギー。主人の自殺を止めようと必死に吠えるアギー。主人とペギーの気まずい空気を吹き飛ばすために、「天丼」というお笑い芸で一肌脱いだアギー。
ソフトバンクのお父さんを凌駕する名演だ!(そこが基準か!?)

77分という短い上映時間の中に、人生の悲喜こもごもを詰め込んだ宝箱のような映画でした。
人を感動させるのにCGも3Dもいらない、などと月並みなことは言いたくありませんが、本来の映画の魅力を改めて実感。いやあ、恐れ入りました。

  無題5
  (この後、感涙もののラストシーンへ!)


追伸:ベタな演出なのに「BAN!(バン!)」にびびった。完全に術中だ!


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったらランキングにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

 <スポンサードリンク>

高評価(人間ドラマ)の関連記事

 <スポンサードリンク>

Posted on 2012/10/21 Sun. 21:41 [edit]

TB: 0    CM: 0

21

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/71-26461f7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list