素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

ダイ・ハード2 世界一不運なのは、マクレーンの奥さん。 


 無題
 ダイ・ハード2
 (1990年 アメリカ映画)80/100点


*「ダイハード1」の感想はこちら。
*「ダイハード3」の感想はこちら。
*「ダイハード4.0」の感想はこちら。


「ダーハード/ラストデイ」の公開決定のため、「ダイハード」おさらいシリーズを進めています。今回は第2弾なので、「ダイハード2」を見ています。
前回「ダイハード1」を見てみたら、相当な傑作だったことが改めて判明。
そのあまりの完成度の高さは容易に超えられるものではなく、たしかに本作「ダイハード2」は出来が下回っているかなあという印象は避けられません。面白くないわけではないけれど、やっぱり「1」がスゴ過ぎた。

あらすじは、「またまたクリスマス。妻を空港へ迎えに来たジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)は、怪しげな男たちを発見し早速銃撃戦へ。空港を乗っ取ろうとするテロリストの存在を察知したマクレーンは、空港の警備担当に協力を仰ぐが相手にされない。その内に、管制塔の機能は完全にテロリストの手中に。13機の航空機が着陸ができず、次第に燃料が底をつき始める。その航空機の乗客には、マクレーンの妻の姿があった…」というお話。


早速ですけど、マクレーンの奥さんが本作の結末で、「なんで、いっつもこんな目に遭うの~」と訴えます。
「1」では敵のボスに人質にされてましたから。しかも同じクリスマスにです。もはや呪いとしかいいようがありません。完全に神様に嫌われているとやけっぱちになっても仕方ありませんな。
早速仏教に改宗して般若心経を唱えれば、少なくともクリスマスは平穏無事でしょう。今度はお彼岸あたりが、やばくなるかもしれません。

無題4
(へこたれてますが、前作同様、今回も悪玉ジャーナリストをとっちめます)


本作は、「1」に比べるとどうしても物足りなさを感じるものの、それでもハイテンション溢れる展開は、やっぱり何度見ても画面を見入ってしまうほどの「うまさ」はあるのでした。

印象的なシーンからご紹介。
本作も空港という限定された空間での闘いです。
前作のビル内部よりも広がりはありますけど、せいぜい空港周辺の敵のアジトに移動する程度です。これによって緊張感が途切れず、ずーっとハイテンションなままスピーディーに物語は展開していきます。
空港の裏側をくまなく動いて回るのがバックヤードツアーのようで楽しいですね。へー、こんなところがあんのかーみたいな。ただし、冒頭のベルトコンベアー室は実際にはない「創作」とのことですが。

相変わらず脇役のキャラクターもいい味出してます。
空港警察の署長ロレンゾは、憎まれ役としてマクレーンを排除しようとしますが、後半では心を入れ替えて共闘を決意。良いヤツに変化するのがいいですね。できれば、前作の黒人警官パウエルのように活躍シーンが一つでもほしかったところですが、結局渋滞に巻き込まれてグダグダしちゃっただけという…。
しかし、冒頭でマクレーンの車を駐禁で取り締まったイジワルそうな警官が、このロレンゾの弟で、最後には違反を取り消してくれるというのは見事な伏線です。しかも本シリーズの重要なお決まりセリフ「メリークリスマス」は、なぜか今回この弟がもっていきます。どアップで。
そういう細かい芸がいい!

荒唐無稽のアクションもやはり楽しいです。
一番は輸送機に閉じ込められたマクレーンが、噴射式の脱出装置で空高く舞い上がり逃げ出すところ。大量の手りゅう弾が爆発する寸前の判断です。
合成ばりばりの映像ですが、跳びあがりながら「どうしてこんな目にー!」って悲壮感満載に訴える姿は、ポケモンのロケット団の「やーなかーんじー!」を見事に実写化。
カレは主役ですけどね!
こんなマクレーンの散々なやられっぷりが本シリーズの大きな魅力です。
絶対にありえないと言われますが、終盤の敵の乗った旅客機爆破シーンも嫌いじゃないです。初めて見た時、おー、そーきたかーとうなりました。外道な敵側の驚いた顔が、ザマーミロな感じで良かったです。

テロリストたちと、マクレーンの味方だと思っていた特殊部隊の空砲戦もひねってて好きです。
気づいたマクレーンが、なかなか信じないロレンゾに向かって空砲を発砲するシーンもドキリとさせます。赤いマガジンは実包、青いマガジンは空砲と、敵が使い分けている伏線の映像は幾度かあったようですが、ぽやーっと見ていたので気付きませんでした。まあ、びっくりしたものです。

無題1
(さて、本作最大の問題シーンはこの直後に…)

 
さて、こっからは不満点も。
前半がちょっとゆったりしたペースで、ちょっと退屈に感じました。
ベルトコンベアー室の格闘も、今見ればこそかもしれませんが目新しさは皆無だし、いきなり敵の顔を圧死させるってのも、一番目の殺しにしてはハードでしたね。
 
さて、本作最大の課題点は、非常に多くの人が死に過ぎること。
なんせ中盤で旅客機一機をテロリストに墜落させられてしまうわけですから。
北野武は「その時点でマクレーンの負けだ」と言っていましたが、確かにそこまでの被害が出ておいてラストシーンで大団円をされてもノレません。
にこやかなマクレーン夫妻の向こう側で、どれだけの犠牲者が出て、どれだけの遺族の悲しみがあるのかと思います。娯楽だから、その辺りのリアリティは必要ないのでしょうが、それにしてもちょっとやられ過ぎ。
建設中のターミナルで警官隊が皆殺しにされるってのも引きました。警官隊の隊長が「我々にお任せください」って自信満々なのが、完全にフラグになってますもの。案の定、真っ先に額を撃ち抜かれとるわい…
前作は、罪のない人はそんなに殺されていないと思いますよ。社長と受付くらいじゃないかな…? あと、装甲車に乗ってた人と、いかれたFBIの二人くらいでしょう。
今回は、ざっと300人は死んでまっせ…とラストで抱き合うマクレーン夫妻に耳打ちしたいところです。

あと、ちょこっと気になったのは…
マクレーンの始末をボス二人に任せっきりの部下たちとか。
ま、ちょっと細かいですけど。
 
無題3
(たった今ボスが死んじゃったけど…。うっかりくつろいじゃった悪人の皆さん)

 
とはいえ、何だかんだ言っても全体的には楽しく観れた本作。
ただ、テレビでどうせまた放映するだろうからわざわざレンタルする必要はないかもね!

マクレーンの奥さんも無事に助かって、きっと悪運の強さを実感されていることでしょう。
とはいえ、毎年クリスマスのたびに悪夢が蘇るというトラウマも抱えてしまったかもしれません。
「いつまたこんな目に遭うか…」と心配されていることでしょう。お気持ちは大変よく分かります。しかし! もー大丈夫です。安心してください。奥さんの不運はこれっきりですよ。

だって、「ダイハード3」以降は奥さんの出番はないからね!

…あれ?
それって、最大の「不運」なんじゃ…


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
よかったらランキングにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

 <スポンサードリンク>

アクションの関連記事

 <スポンサードリンク>

Posted on 2012/11/03 Sat. 10:35 [edit]

TB: 0    CM: 0

03

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/79-6d1ae44c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list