素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い /かわいい子には旅をさせよ。 

 
 無題
 ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
 (2011年 アメリカ映画)
 80/100点



驚いたことに、本作を観てある仏教の逸話を思いだしました。

『わが子を亡くした母親が悲しみに暮れて、お釈迦様に「生き返らせてほしい」と頼みました。
釈迦は言いました。
「それならば、今まで一人の死人も出ていない家を探し当てよ」と。
母親は探し回ります。幾日も幾日も。
しかし、ついにそんな家は一軒も見当たりません。
そこで母親は気づきます。
「そうか、人が死ぬことは特別なことではない。当たり前のことなのだ」と。
そのことを悟った時、母親は初めてわが子の死を受け止めることができたとか…』


本作は、まさにその話の通りのロードムービーだと思いました。
似ているのは、たまたまなのかなあ…。

さて、あらすじは、「最愛の父を9.11で失ったオスカー少年(トーマス・ホーン)が、父親の残した謎の鍵に合う鍵穴を求め、鍵の入っていた袋に書かれた『ブラック』の文字を手がかりに、多くの人と関わっていく」というお話。

9.11でアメリカが経験した、とてつもない喪失感からの再生の物語です。
当然のことながら、ワールドトレードセンタービル内で亡くなられた方々の家族の傷は相当に深く、本作の主人公オスカーもその一人です。

9.11も、私たち日本人が経験した3.11でも、発表される犠牲者の数以上に、その残された家族も含めると、途方もない数の人たちが傷ついたのだということ。

 無題1
 (一瞬にして多くの悲劇を生んだ9.11)


オスカーの父親トーマスを演じるのはトム・ハンクス。
理系の秀才でありながら、家族を養うため宝石店を営んでいます。
トーマスは、オスカーにとってとても優しいパパです。 
そして、実に子どもの教育に優れたパパなのです。

さまざまな調査課題をオスカーに与え、達成した時の褒め方といい、大変素晴らしい手腕だと思います。

オスカーはパパについて、「僕を対等に扱ってくれる」と評していますが、それは最高評価だと思います。ちょっと頭が下がります。同じ年の子供を持つパパとして、はっとさせられる部分でした。

 無題
 (基本、褒めて育てるオスカーパパ)


ただ、このオスカー少年自体も、実はすごい。
パパの素晴らしい教育があったとはいえ、人並みはずれた能力を持っています。
調査課題に対する視点の鋭さや、資料の作成の細やかさは、ちょっと普通レベルではありません。卓越し過ぎです。

この点に、現実感がないと反感を持たれる可能性はあります。
ずいぶん、生意気な感じですしね。

ただ、彼がアスペルガーの症状を持っていると説明されることで、納得がいくようにできています。
そのために、人とのコミュニケーションの仕方に常識的でない面があったり、極度に臆病な性格(ブランコに乗れない等)であったりします。
(*アスペルガー症候群……「知的障害のない自閉症」とも言われ、対人能力にやや問題を抱えるが、特定の面で素晴らしい能力を発揮することがある。スピルバーグは自身がアスペルガーであることを公言している)

このオスカー役を射止めたトーマス・ホーンという少年は、実は本職の役者ではなく、あるクイズ番組のチャンピオンだとか。
スペイン語、クロアチア語、北京語を理解する天才です。
彼は、繊細なこの役を見事に演じきっています。
  
オスカー少年は、父親の死を受け入れられずにいます。
そのことを、秀才らしくこう表現しています。
「太陽の光や熱が地球に到達するには8分かかる。たとえ太陽が爆発して消滅しても、その事に気づくのは8分後。パパが死んでから1年。パパとぼくの8分がだんだんなくなってきている気がする。その8分を引き伸ばすために、ぼくはパパの残した課題である、この鍵穴探しを続けるんだ」

本作は、意外にも複雑な構成を見せ、さまざまな謎が提示されます。
オスカーが謎の鍵を見つけ、手がかりである「ブラック」の意味を探る果てに何が起きるのか。
オスカーが執拗に母親を拒絶する理由や、オスカーが父親の最後の留守電記録を隠す理由などなど。
その他、なぞのおじいちゃんが出てきたりもします。

終盤、謎が解明された時の衝撃たるや。

ちょっと油断していただけに、ふいを突かれて驚きました。(もうちょっと単純な話かと思ってたもので)
これは、とても悲痛な物語なのでした。
けれど、それを乗り越える少年の成長の物語です。

終盤の、オスカー少年のある告白は、私にはとても気持ちが分かるから…、とても胸に響きました。

周りの大人たちがまた優しくて。その点は、いかにも感動路線のアメリカ映画なんだけど、アメリカ全体の再生の物語でもあるわけだから、これぐらいはいいんじゃないでしょうか。


<最後までネタバレします。>


前述しました仏教の逸話のように。
オスカー少年は、この鍵穴探しを終えた時、「みんな、何かを失っていた」ということに気づきます。
そして少年は、ようやく父親の死を受け入れるのです。
 
サンドラ・ブロック演じるオスカーの母親の活躍も大変見事です。オスカーのために、ある大胆な行動を起こします。
先ほど述べた大人たちの優しさは、当初不自然ささえ感じたのですが、まさかこの母親の行動の伏線だったとは…。

うーん、親の愛情のなんと深いことか。またしても恐れ入るのでした。

 無題2
 (再び絆を取り戻すのは、大変な努力が必要)


全ての子供を持つ親必見の、親子の再生の物語でもあるのです。
泣かされました。傑作です!


 

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>


Posted on 2012/11/26 Mon. 23:57 [edit]

TB: 0    CM: 0

26

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/89-69c12488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list