素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

私は貝になりたい 家族を想いかえす、意外な良作。 


 私は貝になりたい スタンダード・エディション [DVD]
 私は貝になりたい
 (2008年 日本映画)80/100点


あんまし巷で話題にならない、昔の名作のリメイク版です。
中居君が主役じゃなあ…という地雷臭を懸念されているからなのか。

私が以前見たのは、所ジョージ版でした。だから物語の筋を知っています。
けれど、それでも不思議な事にハラハラしました。
演出が素晴らしいからでしょう。面白いという表現は適切ではない気がしますが、意外にも、とても良い映画でした。

危惧された中居君の演技も素晴らしかったです。テレビで親しみがある分、あの苦境に落とされた姿は身につまされました。
たとえこれがもっと演技力のある人でも、よく知らない俳優だったら、ここまで感情移入して見れなかったのかもしれません。(もちろん、賛否両論でしょうけれど)

最後の最後、絞首刑前夜に中居君がみせる この世のすべてを憎んでしまった「目」とても直視できないほど恐ろい遺恨を感じます。
そして、最後まで見せつけた絞首刑シーンは、「ただのタレント主演の映画に終わらせない」というスタッフの意気込みを感じました。「ダンサー・イン・ザ・ダーク」でも、同じようにしっかりと見せる絞首刑シーンがありました。一般向けの邦画でここまで見せるとは、驚きです。
絞首刑の場面の衝撃がすさまじく、エンドロールが終わってもすんなりと立ち上がれない程でした。ちなみに、エンドロールに流れるミスチルの「花の匂い」も泣かせます。(エンディングテーマに有名歌手の曲が流れ、映画の余韻が台無しになることが多い邦画ですが、珍しくミスチルは巧いんですよねえ)

実際は、二等兵で絞首刑になった人はいない、などの時代考証を突っ込まれていますが、要は戦争裁判の不条理を描きたかったわけですので、そこはフィクションでいいのかなと思います。
 
黒澤明監督が本作のオリジナル版に対して指摘したように、果たして、二度と人間に生まれたくないとまで思うものかなあ、という疑問はあります。
家族に対して、「お父さんは二度と人間は嫌です」と手紙を残すのは、残された家族にとってあまりに酷ではないでしょうか。ものすごい悲劇ですが、素敵な妻と子どもには恵まれたわけですから…。
そう…。
妻、仲間由紀恵だし。(所ジョージ版の時も思ったものです。妻、田中美佐子じゃん、いいなーって。

月並みですが、平和な時代に生まれたことに感謝する気持ちになれる映画です。
そして、家族を改めて大事にしたいと思わせるのでした。


  

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったらランキングにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

 <スポンサードリンク>

人間ドラマの関連記事

 <スポンサードリンク>

Posted on 2012/08/30 Thu. 19:49 [edit]

TB: 0    CM: 0

30

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/9-f41d8d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list