素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

※ネタバレがある時は、必ず<赤字>で標記します。点数の説明はこちら。

ソナチネ(長文版) /これが、北野映画の最高傑作。 


 ソナチネ [DVD]
 ソナチネ
 (1993年 日本映画)
 85/100点



北野武監督の17作目の新作『龍三と七人の子分たち』を見て、「なんじゃこりゃ?」と思いました。
まーカラフルでにぎやかだこと。

『アウトレイジ』でも、随分撮る映画が変わったなーと思いましたが、もはや…、ゴースト監督じゃないかと疑うくらいの振り幅です。

様々な意見はありましょうが、北野映画が海外で評価され始めたのは、4作目『ソナチネ』からだったと思います。
イギリスのBBCが選ぶ「21世紀に残したい映画100本」の中に選出されるなど、本作をきっかけに「キタニスト」なる海外ファンが増えていきました。

 ソナチネ5


本作は、北野映画の最高傑作だと思います。
本作を見ずして、北野映画は語れないのです。『アウトレイジ』程度で『世界の北野』ってどうよ?」などと、誤解してほしくないのです。

今回、たまたま再鑑賞してみたら、やっぱり凄い映画だと再認識したものだから、何がそんなに良いのかを書こうと思いました。

なぜなら、だ~れも見たことがない映画だから悔しくって。

あらすじは、「村川組組長・村川(ビートたけし)は、トラブル処理の為に上層の親分から沖縄へ行くことを命じられる。大した揉め事ではないはずだったが、次第に死の危険が迫って来る…」というお話。

「死」に向かって突き進むレミングのような面々が、最後に辿り着いた「煉獄」でのひと時を描きます。
とにかく本作の醍醐味は、忘れ難いほど鮮烈な映像・演出が醸す、特異な空気感です。

ちょっと文が長いので、本作のメインテーマを聞きながら、どうぞ。



<最後までネタバレしています。>


○安心できないトイレ
序盤は都会が舞台です。北野監督の9作目『BROTHER』でも、アメリカに舞台が移るまで若干だれる面がありましたが、本作でも比較的単調です。

が、トイレ内で突発的に起こる暴力シーンには、目の覚める恐怖を感じました。村川が、自分を舐めきった組の幹部・高橋を、メッタメタに殴りつけます。拳の勢いと効果音の重さがすごいものです。ついさっきまで緩慢な高級クラブシーンだったもので、余計にドキリとします。

面白いのは、その後の会合で、村川がケロっと高橋の前に姿を現すところ。
こういうの『アウトレイジ』でもありました。歯科医院で散々に痛めつけられた石橋蓮司と、痛めつけた張本人のたけしが普通に顔を合わせる場面。

おかしさもありますが、大人の腹の探り合いをしているようで面白いです。

「オレが沖縄に行ったら嬉しいだろ」と軽口を叩く村川に、「ああ。安心してトイレに行けるしな」という高橋の返しが100点ですな。

 ソナチネ


○沈むクレーン
村川組へのショバ代要求をはねのけた雀荘の主人を、クレーンに吊るします。
吊るして…、そして海中に沈めるのです。

この場面の淡々とした描写も怖いですが、「殺す」という感覚がマヒしている村川らヤクザたちの残酷さが表れていて、ヒヤリとします。

「まず2分沈めてみっか」
2分海中に沈めてから引き上げたら、まだしっかり生きてるもんだから、
「なんだ生きてんじゃねーかよ、じゃあ次は3分な」
リアル・お笑いウルトラクイズみたいです。「聞いてないよー」という声が聞こえてきそうです。

別の話題で会話している間に、「あら、3分過ぎちゃったな」となるあたり。コントならよくあるネタを、現実にマジでやって「死」に至らしめるという恐ろしさ。
雀荘の主人が、「やめてくださいよー」とばかり連呼するセリフもまた、変にリアルで怖い。


○スナックでの銃撃戦
沖縄にやってきて、事務所が爆破され、不穏な空気の中でスナックに行く一同。
極めてローテンションです。だったらホテルに籠ってればいいのに…ってくらい、沈んだ一同。
その空気を読まず、能天気に「女の子を呼びますね」と言う小さなマツコ・デラックスみたいなママが気まずいです。

と思っていたら。

突然の銃撃。

当初、最初から店内にいた客を怪しいと睨んでいた村川。その後、さらに怪しい客が入ってきますが…。我々観客は銃撃が始まるまで、どこから弾が飛んでくるのか分からず、身構えるヒマもありません。

武映画の銃撃戦は特徴的です。
バカなの? ってくらい隠れたりしません。ぬぼーっと突っ立って「パン、パン、パン」と撃っているだけ。これが無機質の上、誰に、いつ弾があたるかわからないから、ものすごく怖い。

ひっきりなしに鳴る銃声。敵も味方も次々に倒れ、最後にシンとなる「死」の静寂。
撃たれた仲間の荒い息が段々と静まり、カックリと落ちる頭。「死の淵」を、生々しく描きます。

 ソナチネ4


○沖縄の海とヤクザ
ここから本作の素晴らしさが、これでもかと綴られていきます。ここからなんです。

海辺のボロ小屋に身を隠す村川ら一同は、広い砂浜でヒマをつぶします。村川のキャラクターが、序盤とまるで変っている気がします。冷徹だった村川が、童心に還るように、無邪気になっていくのです。

・ロシアンルーレット
砂浜でウィリアム・テルごっこをする若手組員・ケン(寺島進)と良二(勝村政信)に割って入り、村川がロシアンルーレットを強要します。ここ、大好きなシーンです。

ここから、映画は不思議な匂いを立ち込めらせていくのです。
にこやかに、とんでもないことをやらかしそうな村川の凶暴性と、その反面にある純粋さが光ります。

・落とし穴
渋顔で大真面目なヤクザ・片桐(大杉漣)の落ちっぷりが楽しいです。片桐は当初、序盤で死ぬ予定だったらしいですが、見事な「いじられキャラ」を披露したためか、終盤まで生き残ります。

※大杉漣さんの追悼で、監督が言っていたのは、「とにかくアドリブが巧かった」から、残したとのこと。
序盤で漣さんが借金の取り立てをしている芝居は、全てアドリブだそうです。


・紙相撲
ヤクザ者たちが部屋でこっそりとやること。それは、大抵は「花札」や「麻雀」とかでしょうけれど、彼らは「紙相撲」をやります。

トントントントントン…。負けた村川が、「よおし、じゃあこれだ」と小さな紙の関取を取り出し、「何すか、それ」と聞かれて「舞の海」と答えるあたりが、緊迫した渦中だからこそ、なおさら微笑ましいです。

 ソナチネ6


・花火
打ち上げ花火は人に向けてはいけません。しかし、彼らヤクザはそうはいきません。それを使って、砂浜で銃撃戦ごっこを始めます。
結構長く撃ちあいます。地味ですが、印象に残る名場面です。
というか、こんな「遊び」を今まで見たことがありません。絶対にやっちゃダメなやつです。

テンションが上がりきった村川は、本物の拳銃を撃ち始めます。「ひゃー人殺しー!」と逃げ惑う手下たち。楽しそうです。

 ソナチネ7


意味のない遊びがしばらく続くうちに、危険が遠ざかっていくような錯覚を覚えます。

このまま和やかに過ぎていけば良いのにと思わせておいて…。彼らが抱えていた「現実」は、突如として振り向きます。それは、我々観客にも、悲しみを叩きつけられたように感じさせます。

○エレベーター内での銃撃戦
本作はもともと、『ダイハード』みたいな映画を目指して製作されたそうです。実際は全く違います。これは、北野監督がプロデューサーから製作資金を捻出させるための方便だったようです。

が。

面白いことに、『ダイハード3』よりも先に、「エレベーター内での銃撃シーン」をやり遂げました。
アクションとしての名場面、本作でも1,2を争う衝撃を与えます。

村川が、高橋を追ってホテルへ入ります。混みあったエレベーター内で、たまたま高橋や殺し屋と遭遇し、狭い空間でのめちゃくちゃな銃撃戦が始まるのです。遮蔽物なしの銃撃戦は北野映画のお約束ですが、これほどまで逃げ場のない銃撃戦をやらかすとは。

このショッキングな発想が、『アウトレイジ』での奇想天外な暴力シーンにつながっていくのです。

 ソナチネ10


○復讐のマシンガン。
ラストの討ち入りです。すべての元凶である親分の会合で、村川はマシンガンをぶっぱなします。

といっても、ここでも普通には描きません。なんと、この見せ場のほとんどを、窓の外から見える光のフラッシュで表現しています。チラチラと暗闇で炸裂するマシンガンの煌めき。建物の外からその光景を見つめる良二は、恐ろしさのあまり逃げ出すのです。


○素晴らしい役者陣。
とにかく今見ると豪華。でも、当時はまだみんな無名。北野映画は、男優は出世します。悲しいかな、女優は失速します。

寺島進、勝村政信、大杉漣がめちゃくちゃいい味のヤクザを演じます。とにかくファニーです。
大杉漣だけがきちんとした(?)やくざ気質で、時折相手に怒鳴りつけてみせますが、不思議な沖縄のオーラに巻かれ、完全に浮いた感じになるのが面白い。

それから、殺し屋を演じたチャンバラトリオの南方英二の凄味。素晴らしいキャスティング能力です。
意外にも、津田寛治が冒頭のウェイター役だったことには、ビックリした。


○印象を擦りつけてくるBGM。
アカデミー音楽賞を獲得していたと思います。日本の、ですけど。
凄い名曲の数々だと思います。
メインテーマの恐るべし重量感。暴力と悲しみ。まさに映画と同じ印象の曲です。

また、沖縄民謡をアレンジしたような曲が、良い塩梅のとぼけた味わいです。その曲に合わせ、殺し屋が標的を求めてさまよう場面の不思議な空気といったら。

 ソナチネ11


というわけで。

乾いた物語にも関わらず、沖縄(石垣島)の熱量とともに伝わってくる緊張感。
降りかかる「損」にあがらうようにおどけてみても、結局拭えない喪失感などなど。
北野映画独特の「暗み」が、病みつきになります。

この頃の北野映画は、極限まで「無駄」を排除した引き算の演出が見事なのですが、北野映画はこれ以降、「これ見よがしな感傷」が滲むようになり、「観客迎合ともとれる娯楽性」が見え隠れしていきます。

それはそれで面白いのですけど…、本作のような「自分勝手」な映画を、是非もう一度見たいなと切望してやみません。

 ソナチネ13


 

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>


Posted on 2014/12/13 Sat. 19:44 [edit]

TB: 0    CM: 4

13