素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

ヴィクトリア これは、人間ピタゴラスイッチ。 


 VIKUTORIA.jpg
 ヴィクトリア (2015年 ドイツ映画)  89/100点


最近、舞台にはまってます。今は、大泉洋が所属するTEAM NACSの舞台を主に観ているところです。いずれブログにも書きたいなあと思っています。
映画と違う舞台の凄さは、何といっても、二時間以上もの上演時間中、ノンストップで役者が芝居を続けるところにあると思っています。よく長セリフを覚えられるなあ…、複雑な段取りをこなせるなあ…と、にわかファンながら感心しきりなのです。

で。

実は、本作の凄さもそこにあります。
何と、140分間「ワンカット」なのです。「ワンカット」とは、140分間始まりから終わりまで、ずうううううっとカメラを止めないということです。当然舞台と同じように、役者が演技を続けるということです。ただし、本作ならではの凄さがあります。本作は、ワンシチュエーションものではなく、場面がクラブからビルの屋上、カフェ、地下駐車場、銀行、アパート、ホテルとめくるめく展開していくのです。つまり、登場人物たちは街中を、徒歩や自転車、車移動で実際に移動し、それをずっとカメラがリアルタイムで追いかけているわけです。
街をまるごと貸し切っているのか…? 人気のない田舎町というわけではありません。そこそこ都会の街だからなおさら不思議です。おまけに、途中でマフィアやら警官やら、登場人物は無尽蔵に増えていくし、逃亡劇はあるし、銃撃戦はあるし。ドラマチックで複雑なカメラワークはあるし。一時も失敗(NG)が許されない「ワンカット」の割には、仕掛けが大がかりで驚きます。

特撮映画以上に、「ど、どーやって撮ってるの!?」と不思議でしょうがなかったです。(ちなみに、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』も最初から最後までワンカットでしたが、あちらはCGを使った疑似ワンカット。こちらは本物のワンカットです。)

ヴィクトリア


ワンカットでやってしまおうと決めた時は、監督も役者も、まるで映画研究会の大学生のようなノリだったんじゃないでしょうか。「やろーぜ、おもしれーじゃん」という熱い意気込みが、画面からほとばしってきてこちらまでワクワクしました。
ということで。
本作の醍醐味はその一点。マジでワンカットじゃん…という点に感激できるかどうかで、本作にノレるかノレないかが決まるでしょう。映画は技巧よりもストーリーだ、と思っている人には向かないかもしれません。ストーリーは、それこそ学生映画レベルの単純さです。
あらすじは、「スペインからドイツに移住してきたばかりのヴィクトリア(ライアン・コスタ)は、クラブからの帰路でゾンネ(フレデリック・ラウ)ら4人の若者と出会う。寂しさを埋めるかのようにヴィクトリアは男たちと過ごすが、やがて男たちの危ない企てに巻き込まれることになる」…という物語。何度も言いますが、リアルタイムに140分間の出来事。ジャク・バウアー風に言うと、「これは、午前4時頃から明け方6時頃までの出来事である…」

ヴィクトリア4
↑本作のジャックアバウアーこと、やや老け顔のゾンネ。
「本当に…すまないと思っている」と言ったとかいないとか。
(どっこい、実は作中言っている)
(そういえば、ヴィクトリアは若干クロエに似ていたりする)


140分間がリアルタイムだからこそ、ドキュメンタリーのような臨場感がすごいものです。
地味に、前半の深夜飲み会の雰囲気がリアルです。クラブを出てからビルの屋上に上がったり、ヴィクトリアのカフェに行ってみたり…。深夜徘徊の醍醐味を感じさせます。オールでカラオケして、一睡もせずに早朝からバイト行ってた時のことを思い出させますな。ザッツ青春。
ただ逆に、その深夜飲み会がリアル過ぎ…というか特に事件が起きないもので、退屈でもあります。ハンドルキーパーの役目を負わされているかのような、「お前らは飲めていいな、おい」という疎外感が若干あるかな…。

ヴィクトリア3


そんな感じで、ちょっとダレてきた中盤(序盤40分くらい退屈かな…)で、ようやく事件が勃発します。
そこからは急転直下。休む暇もなく、どんどん物語は加速していくのです。
前述の通り、車で次の舞台へと移ります。移動中も、もちろん時間は途切れません。そのためか、移動距離はやけに短いです。足でも走っていけるぐらいの距離ですね。まあ…ここはご愛敬。
次第に夜明けが近づきます。空が白んでくることで時間の経過を肌で感じられていい感じです。段々と、登場人物たちと同じ時間を共有しているような妙な気持ちになってきます。

終盤のクラブでのダンスシーンや銃撃戦には度肝を抜かれました。ワンカットなのに遠慮なく役者は動き回り、そしてカメラも激しく動きます。しかし、乱雑に見える中で、カメラは的確に役者を捉えています。どれもこれもどこもかしこも、しっかりと演出されているのです。
終盤なんて、物語そっちのけで感心してました。これは…凄いよね…。よくやりきったよなあ…。
最初から最後まで、きっちり計画され、計算され、寸分も間違いなく進んでいく。
これ…まるでピタゴラスイッチです。140分間続く、壮大な「人間ピタゴラスイッチ」なのです。
ラストカットの右端に、「NHK」の文字が見えそうでしたよ!(嘘)

ただし、物語には気になる点がないこともないです。
ヴィクトリアが、男たちのあまりに危険な冒険にまんまと付いていくのは強引でした。確かにヴィクトリアは、中盤で狂気を抱えているような顔つきを一瞬見せますが、どうしても描写としては不足。主演のライアン・コスタが、かわいいんだけど極めて普通な感じだから、なおさらでした。普通なら…、「バッカじゃねーの!? 仕事あんだよ、ねみーよ!」とぷんすかして帰るとこですからね。男たちの一人・ゾンネに恋をしたのでしょうけど。…まあ…、だから仕方ないとはいえ…、そうねえ…。あのお、ゾンネ、何かおっさん顔じゃん?(関係ないけど)

ヴィクトリア2


それにしても。

カメラを持って役者と一緒に動き回ったカメラマンが、実は一番凄いかもしれません。映画のエンドクレジットも、カメラマンの名前から始まります。役者は、ある程度のトラブルはアドリブでしのげます。実際、本物の酔っ払いに絡まれたシーンがありますが、巧い機転をきかしてました。また、車での逃走場面では走行ルートを間違えてもいるそうです。それを、逃亡劇の緊迫したドラマとして対処してましたね。しかし、カメラマンは失敗が許されません。ちょっと躓くことさえ厳禁です。激しいカメラワークの段取りも覚えとかないといけません。痒くてもかけないし、くしゃみも出来ないし、そのうえ歯も磨けないのです(当たり前)。んで、手が滑ってカメラを落とそうもんなら一大事です。もっとも、この優秀な役者陣なら、わざと転がって対処するかもしれませんな。

映画の終わりには、本当に拍手喝さいしたくなる気持ちでした。メイキング見てみたいなあ。
それと、『バードマン』の時にも思いましたが、こういう映画こそ、3Dで見たいものです。役者と一緒に動いて回れる、広大な「舞台劇」を見ている気になれるんじゃないでしょうか。…どうかな?

そうそう。そういうわけで。最近は舞台にはまっているものだから、丁度良い映画を鑑賞できたと思ったものです。


 

記事を読んで頂きありがとうございました。
↓よかったら、クリック1票お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
<スポンサードリンク>

Posted on 2016/10/12 Wed. 20:00 [edit]

TB: 0    CM: 0

12