素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

ジョジョ・ラビット/戦争も遠くから見ると…喜劇だ。 

 ジョジョ
 ジョジョ・ラビット
 (2020年 アメリカ映画) 
  98/100点


めちゃくちゃ面白かった!
ほっとしました。世間で喝采の『ワンハリ』にも『パラサイト』にも今一つのめり込めなかったから、映画に興味なくなったのかなと不安になっていた矢先。

オープニングから素晴らしくて。主人公のジョジョが家を飛び出すと同時にビートルズの『I Want To Hold Your Hand 』が流れる軽妙さ。ビートルズではなく、ヒットラーに熱狂する人々を重ねる皮肉の演出。もう、ここがエンディングでもいいとさえ思った!!(それはない)

ジョジョ2


久しぶりに完璧なOPが観られて、とても嬉しかったなあ。

本作は不思議な映画です。野心的だと思います。なんたって、ナチスドイツ側の子供を主人公に、当時をコメディで描いていくのだから。

ジョジョの妄想の友達なんて、ヒットラーですもんね。監督のタイカ・ワイティティ自身が演じるヒットラーは、まさにスタンド(ジョジョだけにね)。へこたれるジョジョを励ます気のいい男!

一歩間違えば、「不謹慎」などと言われそうな設定です。けれど、これはジョジョがナチスに洗脳されているという表現でもあるから、巧いのなんの。

ジョジョ4


あらすじは。
「ナチスに洗脳されたジョジョは、ユダヤ人を忌み嫌っています。悪魔のように角が生え、金に汚い民族だと見下しているのです。ユダヤ人を見つけたら容赦しないぜ! …と息巻いているところで、なんとユダヤ人の少女を見つけてしまって、さあ大変」という物語。

どこか、『この世界の片隅に』に似ています。戦時中とはいえ、陰惨なものではなく、のんびりした空気の「平和」な日常が描かれます。気のいい友達もいます。優しいお母さんもいます。なんか一癖ありそうな軍人もいます。彼らの日常をユニークに描いていきます。

これって…、最近の映画の風潮なんですけど、やっぱり「悲劇は遠くから見ると喜劇」なんですよ。ナチスの思想なんて、今から見ると本当に滑稽なんです。人と出会う度に「ハイルヒトラー!」と挨拶しまくる描写が思いっきりバカにしてるよなー。繰り返すうち舌が回っていないもの。水曜日のダウンダウンで「『ハ』と『ラー』が合ってれば間がなんでもいける説」やれそうだもの。

「ハリウッドスリラー!」 とか通じるかもね!(*゚▽゚)(吊られるぞ・・・)

さて。
そんなこんなで、ジョジョはユダヤ人の少女と出会うわけです。

少女の方がジョジョより年上なのが良かったですね。だから、彼女の方が1枚上手。とことん見下してくるジョジョを返り討ちにするくだりも楽しいったらなかったです。

ジョジョ5


といっても、ユダヤ人の少女にしてみれば、本来この状況は1ミリも笑えません。狭い暗がりの部屋に1日中隠れ過ごし、希望もないわけだから。彼女の状況に迫ると、途端に物語は「悲劇」に移り変わります。

だから、哀しい出来事は突然やってくるのです。
ジョジョに訪れた「それ」は、油断していただけに驚きました。
だからといって唐突じゃない。
え? と思わせて、でもよく考えると、…そりゃそうだよな…と思わせます。
茫然としました。

ジョジョ6


戦争は、どんなにのんきな「日常」も、一瞬にして破壊してしまいます。
気のいい街の人たちも、友達も、軍人さんも、一瞬にして飲み込んでしまう恐ろしさ。もちろんそこには、正義も悪もありません。

子どもの背後でこんなにバッコンバッコン爆発する映画って他にあったけ…? と思いながら、画面から目が離せない終盤でした。

で。
本作最大の功労者は、ナチスの大尉を演じたサム・ロックウェルです。昔のゲイリー・オールドマンのような、どこかとぼけた風貌で、とても印象的。

彼が…、凄い泣かせてくるから、困ったわー。

怪我で戦地から遠ざかっていた彼には見えていたんだと思います。この戦争は滑稽な喜劇だと。そう達観し、見栄を切ったような彼の最後の出撃の場面が、もうおかしくて悲しくて…。そして、あの煙草をくわえた表情が、脳裏にこびりついたのでした。

ジョジョ3


久しぶりに感動しまくった。どうも…、王道にエモいのが好きみたいです。

ただ1点だけ、「(ネタバレなので反転で)いくら洗脳が解けたからって、今まで励ましてくれてた友達を蹴り飛ばすなんて、手のひら返しがひどい!」とか思ったり。

しんみりしない最後の後味が爽やかで、最高でした! 


素人目線の感想を読んでいただいた方へ。
一言でもコメントをもらえたら、やる気湧きます!


↓よかったら、クリックにて1票、お願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

<スポンサードリンク>


Posted on 2020/02/04 Tue. 23:17 [edit]

TB: 0    CM: 0

04