素人目線の映画感想ブログ

映画文法は気にせず、素人感覚で、楽しく映画の感想を書いていきます!

ダークナイト・ライジング【感想・レビュー】伝説は、壮絶に…失速した? 


 無題
 ダークナイト・ライジング
 (2012年 アメリカ・イギリス共同製作)
 75/100点



<ネタバレをしています。>


最初に誤解のないようにお伝えしますが、本作は面白いです。迫力も十分です。まさにA級のアクション映画だと思います。

が…、しかし!

これは、泣く子も黙る大傑作『ダークナイト』の続編なのです。期待値は相当なもので、このハードルは容易に越えられるものではありません。

早々に感想を言ってしまえば、「越えられなかったね」となります。それほど、前作の衝撃は計り知れないものでした。

そもそも、続編を作る意図があったわけではなかったようです。監督のクリストファー・ノーランは、本作制作の前段階で、映画会社に対し「優れた3作目など、見た事がありますか?」と、弱気のような、意欲のないようなことを述べています。

そういう場合、続編の物語やアイディアには、無理やりひねり出しました感が出てしまうものです。確かに、それが本作にも出ていたように思います。

私が一番残念に感じたこと。
それは、前作では「バットマン」というマンガ原作を、リアリズム溢れた犯罪映画に昇華させていたのに、本作では、「マンガ」になっていた点です。(私は原作を読んだことがないため、映画のテイストが原作に忠実なのか、ノーラン節なのかどうかわかりません。その点はご容赦ください)

どの点がマンガチックだったり、残念に思ったりしたかといいますと…

・キャットウーマン(アン・ハサウェイ)
ハル・ベリーが演じた映画『キャット・ウーマン』は大コケしましたが、ノーラン版「バットマン」では、今回が初登場のキャラクターです。が…、正直、必要なキャラクターだったのかよく分かりません。

主人公のブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)の指紋を盗んだり、バットマンを敵側に売ったり、いわゆる峰不二子キャラですけど、単にお色気キャラで画面に華を添えたかっただけのような出番に過ぎません。正直、彼女を出すくらいなら、敵のベインをもうちょっと掘り下げた方が良かったように思います。

アン・ハサウェイのピッチリしたコスチュームが見ものっちゃあ見ものですけど、バットマンと並び、その姿は「イタい人」ぎりぎりのライン。格闘がややドン臭いのも気になりました。

ただ。
貞淑なメイドから彼女が本性を表した時、急に性悪そうな表情と声色に変わるのでビクリとしました。そこは良かった。

 無題


・虎の穴
バットマンであるブルース・ウェインが、ベインに敗れて落とされるこの世の地獄。容易には登ることのできない、深い穴の下の牢獄です。

ウェインは、ベインによって立ち上がれないほどの重傷を負わされ、この場所へ落とされますが、その場にいた医師の荒療治のおかげで見事に再起…っていう流れが、やや荒唐無稽。

ここから登って脱出することで、「バットマン」はさらなる力を得ます。カリン塔みたいですな。でも「登りにくい」という表現が、いまいち分かりにくかった。つまり「跳躍力」が大事ということは、よくわかりましたけど。

・空飛ぶ車
最新メカです。戦車のようにごつくて、アメリカンなデザインです。個人的には、もうちょっとシャープなデザインの方が好きですけど。
これがびゅんびゅん飛び回る姿は、非現実的な気がします。

・核爆弾
で、でた! アメリカ人に核爆弾を描かせると、いかに無知かがよく分かります。街から10キロ以上離れた所で爆発させときゃ大丈夫だよね、という認識は、日本人からするとガッカリです。

・肉弾戦
銃使え。(特に敵側)

・時間の進度
時限爆弾のリミットまであと何分みたいな描写では、信じられないくらい時間の進みが遅いです。さっきあと10分って言ってて、ごたごた移動したのに、まだあと9分あるって何? みたいな。

あと数分で核が爆発するって時に、しんみりした独白に耳を傾ける一同って何? みたいな。

・敵の忠誠心
ショッカーの戦闘員が、いったい何のためにショッカーに所属しているのかなど、問うては野暮なんですけど…。本作では、ベインの手下が「死」をも受け入れるほどベインに忠誠心を持っています。理由が分かりません。

・警察署長の死にざま
ワざと? というくらい、コントのようなカットのつなぎ方でしたよ。

・ベインの死にざま
だから最初から銃器で倒せと。それは「反則だ」とか、「主義」に反するとか言うけど、ゴッサムシティが核で消滅するところだから。

・最後のボスの死にざま
安っぽい時代劇のようでしたな。「この恨みをぉぉ…」がくっ。みたいな。

・市民の悪意の掘り下げ
これも残念だったかな…・。仕掛けた核爆弾のスイッチを市民の一人が持っていると、ベインがゴッサムシティの市民に流布するのですが…。前作にもあった「一般市民が悪側に振れる瞬間」を狙ったのかと思いきや…、特に効果を帯びていませんでした。(少しの希望を持たせることで、後の絶望感をより深くしようというベインの狙いだったそうですが、イマイチよく分かりません。)

いかん! 悪口ばかりになってきたので、この辺りで良かった点を。

本作は何度も言いますが、「及第点」を軽く超えている映画です。しかし、期待値がでかすぎた。前作が良すぎた。「ナウシカ」と「アリエッティ」を、同じジブリだからと比較するようなものです。

・緊張感
おなじみハンス・ジマーの音楽がドンドン盛り上げ、独特の緊張感があります。特にスタジアム爆破のシーンは驚愕でした。美しい声色の少年が歌う国歌に聞き惚れながら、粛々と爆破スイッチを押すベインの澄み切った狂気。爆破シーンはCMで流しちゃってたから、思いきりネタバレでしたけど。

・高揚感
終盤、これまたハンス・ジマーの名曲が心を揺さぶります。バットマンは果たして無事だったのかどうか。そして、一介の警察官として闘ったジョゼフ・ゴードン=レヴィット演じるジョン・ブレイクの正体とは? 最後の最後まで、重量級に魅せます。

・ベイン
トム・ハーディが演じているとは思えないほど、パワー重視の超凶暴キャラクター。まさにリアルジャイアン!低音のダミ声は、それこそジャイアン!終盤、ちょっと心ある所を見せるのも、ニクいぜジャイアン!

前作の敵キャラ「ジョーカー」は映画史に残る悪人ぶりでしたから、とてつもないプレッシャーがあったと思います。そのプレッシャーを押しのけ、トム・ハーディーは見事に演じきりました。しかし、やはり脚本の問題で、キャラクターの掘り下げが全く足りていない。終盤、もっと彼の内面や背景が描かれるべきだったと思います。惜しい。

 無題1

その他。
・バットマンの操るバイクのタイヤが、方向転換の時にゴリュゴリュっと自在に動くのが楽しい。
・場を引き締めるモーガン・フリーマン
・遠景で見せる、情緒感のある橋の爆破シーン。
・街からの脱出を試みる市民と、渡らせまいとする軍との橋の上での攻防。
・ラスト、デジャブのように見せるウェインの執事(マイケル・ケイン)の視線の先。


……。

本当は、まだまだ良いシーンはあったと思いますけど、なぜだかうまく思い出せないのは、やはり前作の呪縛かもしれません。それほど、前作『ダークナイト』は凄かったのでした。

 無題2


↓とはいえ、本作は高評価をされる方がかなり多いです。
・カゲヒナタのレビュー/希望と絶望の戦い「ダークナイトライジング」

・ノラネコの呑んで観るシネマ/ダークナイト ライジング・・・・・評価額1800円


 


最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
一言でもコメントをもらえたら、やる気湧きます!


↓よかったら、クリックにて1票、お願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

<スポンサードリンク>


Posted on 2013/01/05 Sat. 23:59 [edit]

TB: 2    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→https://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/104-0e4f68df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダークナイト ライジング・・・・・評価額1800円

物語は、遂に神話となる。 前作「ダークナイト」で大センセーションを巻き起こした、クリストファー・ノーランによる二十一世紀版“バットマン”三部作、堂々の完結。 テーマは前...

ノラネコの呑んで観るシネマ | 2013/01/07 19:38

『ダークナイト ライジング』お薦め映画

ブルースの幸せを願う執事アルフレッドとの絡みは秀逸で味わいのある余韻を残す。このシリーズが、バットマンという正義のヒーローのアクションドラマではあるが、同時にブルースと...

名機ALPS(アルプス)MDプリンタ | 2013/02/18 20:41

Trackback
list