素人目線の映画感想ブログ

映画文法は気にせず、素人感覚で、楽しく映画の感想を書いていきます!

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル【感想・レビュー】奥さんに発動しそうなプロトコル。 


 51Pr320DerL_SS400_.jpg
 ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
 (2011年 アメリカ映画)  
 80/100点



<完全ネタバレです!>


シリーズ4作目の本作では、『Mr.インクレディブル』などのアニメーションで知られるブラッド・バード監督が大抜擢。実写初挑戦とのこと。これまでのシリーズ作に比べ、明るめの雰囲気を感じます。未知のメカが活躍するのも、ちょっとアニメチックですしね。

ファンの間ではシリーズ最高傑作と言われている本作は、評判に違わず見どころの多いアクション映画です。

ゴーストプロ


《刑務所脱獄大作戦!》
冒頭、トム・クルーズはモスクワの刑務所に捕われております。トムを救うべく、エージェントに昇格したベンジー(サイモン・ペッグ)のハッキングで、獄中の扉をなんと全解除! 相変わらず、他人の国で好き放題。

おかげで囚人たちが表に出てしまい、その混乱に乗じてトムは脱獄。罪のない人が殴られたり車を盗まれたりケータイ勝手に使われたりするのはお約束ですが、トムを セカイを救うためだもの! 

<登場メカ:通り抜け穴マシーン>
まさに「通り抜けフープ」の如く。型抜きのように、キレイな円状でポロポロと床が崩れるのが気持ちいいです。


《クレムリン大作戦!》
ここでは、敵のボスに先を越されます。おまけに、クレムリン宮殿大爆破。で、その罪を着せられてしまうのです。
とんだ濡れ衣! 
…と言いたい所でしょうが、さっきの刑務所の件などもありますから、日頃の行いのせいです。

<登場メカ:背景ホログラム>
このメカは凄いアイディアです。「長い廊下」をスクリーンに映し出し、そのスクリーンの後ろに隠れながら、廊下の先にいる警備員の目をごまかします。警備員の目線の角度などをきっちり計算して映し出すという、リアルな設定に痺れます。


《ドバイタワー壁登り大作戦!》
本作最高の見せ場にして、大忙しの現場です。

今回トムは、世界一高いドバイの高層ビル(ブルジュ・ハリファ)をよじ登る羽目になりました。足場のない、ほぼ真っ平らな壁を、特殊な機械を使ってイモリのように昇っていくのです。

この頃から、トム・クルーズは、無茶なミッションに消極的な顔色を見せるようになりました。ベンジーの「無神経な発言」の通り、「できて当たり前。できなきゃ死ぬだけ」の重責に、嫌気がさしているのかもしれません。

そうはいってもそこは、トム・クルーズ。『ダイ・ハード』のマクレーンのように「何でこんな目に…。チクショー!」とか言いません。「そうだよな…、オレ、トム・クルーズだし…、きっとやれる…いや! やらなきゃ…」と、神妙な顔つきで自分を鼓舞しているようです。自己催眠ですか、トム。

<登場メカ:壁ペッタングローブ>
壁に吸着し、つるつるな壁さえ登っていける優れた機械です。どこまでも昇れますよ! 壊れやすいけどね! 故障=死ですけどね! 

ゴーストプロ2

 
《成りすまし大作戦!》
このコーナーでは、トムが敵の親玉に扮し、取引相手の殺し屋・モロー(レア・セドゥ)と対峙します。さあ、殺し屋をだませるでしょうか! 

…思わず、『人間観察バラエティ・モニタリング』のようなノリで書いてしまいましたが、そんな場合じゃありません。敵は恐ろしい殺し屋です。バレる=死ですから! 

加えて、仲間のエージェント・ジェーンは殺し屋に扮し、別室で敵の親玉をだまさねばなりません。高度な機器と、巧みな芝居で華麗に乗り切ろうとするエージェントたちの中で、一人だけ妙なコスプレでコソコソ仕事を進めるベンジーのアナログ感に吹きます。

ミッション開始までの切迫感や、ミッション中の緊張感の盛り上げ方は秀逸。本作一番の名場面です。

<登場メカ:ウィンク・シャッターレンズ>
コンタクトレンズのように眼球に設置し、まばたきでプリントされるという優れもの。気安くまばたきが出来なくなりそうです。これをブラント(ジェレミー・レナー)が装着してからしばらく、こっちも目が乾くような気持ちになりました。

これをコッソリ使用するブラントですが、モローにアッサリとバレてやんの。「ちょっとこの人、変なカメラ持ってマース」と、痴漢が出た車両のごとく、上へ下への大騒ぎ。


《砂嵐大作戦!》
逃げた敵のボスを追いかけるトム・クルーズ! 

<登場メカ:トム・クルーズ>
全力疾走で駆けるトムを見ていると、きっともう、彼自身がメカなのだろうなあと思えるのでした。猛烈な砂嵐に巻かれながら、BMWを逆走させ、正面衝突で敵を止める命知らず加減がド派手です。

しかし、そこまでしても逃げられてしまったトム・クルーズは、全力のネタをスベり倒した時の芸人くらいチャーミングといえるでしょう。

ゴーストプロ5


《インドで大作戦!》
長文で疲れてきた…。このパートでは、トム・クルーズもちょっとお休み。他のエージェントに大役を任せるトム。

特にブラントは、シリーズおなじみの宙吊りシーンに抜擢されますが、見せ方が、尋常ないほどカッコ悪いです。

演じるジェレミー・レナーは、他の映画では主演を張るほどの俳優ですけど、本作では扱いが雑。まるで、カッコよく描くのを避けているような…。…はっ…もしや!? …トム?

<登場メカ:超磁石>
ブラントに取り付けた磁石と、床を這う磁石の反発を利用し、宙に浮くブラント。ブラントの扱いも雑なら、メカもだんだん適当になってまいりました。


《立体駐車場大作戦!》
さあ、ラスト! 敵のボスが抱える核爆弾発射装置入りのカバンを巡り、トム・クルーズが最後までド根性で張りきります。立体駐車場のギミックを利用して紛争する二人を観ていると、もはや、どこからどう見てもジャッキー映画にしか見えません。

<登場メカ:BMWのエアバッグ>
車が床にぶつかると、ハンドル部分からクッションが飛び出し、乗っている人を守るって代物です! …え? それは普通だろって? とんでもない! 新作『ローグ・ネイション』でもお目見えしたBMWのエアバッグは、車がどれほど大破しても車内の人を守るスグレモノなのです。

BMWは、トム・クルーズが乱暴な運転で車を壊しても全力で守ります。一方、車のフロントガラスを割ったジャパニーズ芸人には、地の果てまで追いかけるくらいの勢いでクレームを付けます。


ということで。
勢い余って全ミッションを紹介しましたけど、実は本作について一番言いたいのは、殺し屋・モローを演じたレア・セドゥ! 

あっさりと窓から落ちてしまったのが不憫で不憫で。この美貌にして、この貫録にして、この純粋性にして、この最恐に魅力的な殺し屋:モローを、もっと活躍させるべきだと思ったものです。「報酬はダイヤモンド」っていう設定が、ちっとも陳腐にならないのだから、さすがのレア・セドゥ。

ゴーストプロ3


前作で大活躍したトムの奥さんの物語も紡がれます。ロマンチックなトムトム・エピソードですが…。正直言って、「奥さん設定をなかったことにするための伏線(それこそゴースト・プロトコル)」にしか思えなかったんですけど…。

そんなことより。
モローが窓から落ちた際、トムが脱ぎ捨てた「壁ペッタングローブ」を手にして助かっているよって設定にして、再登場させませんか!? ダメですかー。


ミッション:インポッシブル3の感想はこちら。
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションの感想はこちら。
ミッション:インポッシブル/フォールアウトの感想はこちら。


  


最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
一言でもコメントをもらえたら、やる気湧きます!


↓よかったら、クリックにて1票、お願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

<スポンサードリンク>


Posted on 2015/08/26 Wed. 13:00 [edit]

TB: 0    CM: 0

26

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→https://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/265-e37f36af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list