素人目線の映画感想ブログ

映画文法は気にせず、素人感覚で、楽しく映画の感想を書いていきます!

フレンチアルプスで起きたこと【感想・レビュー】妻ぶち切れ、という惨事。 

 51CWH0fryCLSS400.jpg
 フレンチアルプスで起きたこと
 (2015年 スウェーデン・デンマーク・フランス・ノルウェー合作)
 85/100点


『タイタニック』って確かに感動的でしたけど、「女性は自分のために死んでくれる男」を求めてるんだなあ…と思ったものです。そん願望によって強迫観念に襲われたディカプリオは、「う~、寒い。オレだって生きたい…」と怯えながら、極寒の暗い海の底へと沈んでいったのでした。(ひねくれた見方でごめんなさい)

ということで。
本作は、そんな女性の理想をまんまとブチ壊してしまった夫の顛末が描かれています。身も心も凍りつく、普遍的な夫婦あるあるの物語。人生のとびきりの皮肉が練り込まれていて、長めのコントのようで大変面白かったです≧(´▽`)≦アハハハ。

フレンチ2


素敵なセンテンススプリン…じゃなくて、フレンチアルプスのリゾートにやってきた四人家族。妻のエヴァは、素晴らしい家族写真にご満悦。普段、仕事で忙しい夫のトマスは、ここぞとばかりに家族サービス奮発中。申し分のない家族です。

と こ ろ が。
見晴らしの良い展望レストランで食事中に、雪崩が起きます。結局は、大した事にはならないのですが…。その瞬間、夫は子どもと妻を置いて逃げ出しているではありませんか。この逃げっぷりが、まー見事です。振り返りもせず、一目散です。どこかの不倫議員も真っ青の駆け出しっぷりに、思わず吹き出してしまいました。

旦那ー、やっちまいましたなー。
これは、不倫相手とのラインが漏れるより救いがありません。自分の命が危険にさらされた時、誰しもがこうしたパニックに陥るのかもしれませんが、見捨てられた方は納得できるものではありません。ましてや、妻は家族というものを理想で固めているタイプだから、なおさらです。

その事件から、旦那への不信感でいっぱいになった妻は、執拗な夫いじめを始めます。不機嫌なオーラを纏い、何度も問い詰め追い詰める、地獄の責め苦を与えるのでした。他人事だから、あーおかしい。よくあるやつ、これー≧(´▽`)≦アハハハ。

フレンチ


いったん、妻の機嫌がこじれたら、大変です。もはや、理屈では解決できません。男は黙って嵐が過ぎるのを待つか、コテンパンにやられてあげるくらいしか、打つ手はないのです。ワタクシほど経験を重ねると慣れたものですが、ワハハ、どうやらトマス君は不慣れだったようで完全に対応を誤ってら。

なんとコノヤローは、ここにきてまだ男の権威を保とうとバカな言い訳を始めちまうのです。あーやっちゃった。「逃げたように見えたかもしれないが、ボクは逃げていないよ(`・ω・´)キリッ」だって。もー際限なくバカ。バカよあなた。

おまけに知人のフォローも、さっぱり的を外していて、火事場に灯油を投げ込むレベル。

気持ちは分かります。
こんな問題が勃発した時、夫はどうしても中庸の結末を望みます。自分が悪いのは十分に分かっているのです。しかし、全てを認めるのは男として格好悪い。だから、落としどころを見つけて、お互い譲歩し合って解決しようなどと目論むのです。
「ね、オレの気持ちも汲んでよ」っつー
ダメだっ。それキケンだバカーっ!

妻は、夫を完膚なきまでに叩きのめしたいのです。夫が全ての非を認め、全てにおいて謝罪し、全てにおいて屈伏しないことには、我慢なりません。そこに気づくことが出来なければ、この不毛の言い争いは未来永劫続き、男の精神力を食らい尽くすことになるんです。(熱弁)

案の定、この物語は。
ホラーっぽい演出まで飛び出して、事態はどんどん深刻度を増していくのでした。突如として鳴り響く「ヴィヴァルディ」の不穏さもまた強烈です。まるで『ファニーゲーム』のOPのような、禍々しさ。

小栗康平監督の『死の棘(1990年)』を思い出しました。浮気をした夫(岸辺一徳)を、妻(松坂慶子)がいびり抜く映画です。機嫌治ってくれたかなあと思わせた矢先に追及が再開するくだりが、そっくりです。

フレンチ4


奮発して素敵なリゾートホテルを予約して。自分のこづかいだって旅行に回したり。自由な時間も、家族の為に費やそうと心に決めた旅行だったのではないでしょうか。そうしてコツコツと、丁寧に丁寧に、1点1点を積み上げていったトマスの父親・夫ポイントは、今や、マイナス2000億点です。

ちきしょー、そんなにオレが悪いのか。あの議員よりも、あのシンガーよりも悪いのか。家族のことなんかほったらかして遊んでるオヤジだって山ほどいるだろーが。それよりもオレが悪いってのか!!?? トマスの精神が崩壊するまで、そんなに時間を要することはありませんでした。

「女らしく」という言葉は許されなくなった時代ですが、「男らしく」という言葉は今だに男に期待されます。なにしろ男自身が、その言葉にこだわっているのだから。夫・トマスが「逃げた」ことをなかなか認めないのは、「男」として許されないと思っているからです。男は、「男らしさ」を簡単には放り出せません。世の中が男女平等になろうとも、その呪縛が解けることはないでしょう。

トマスの苦しみは、家族への申し訳なさに加え、自尊心の崩壊でもあるのです。

フレンチ3


<以下、結末に触れます。>


本作は、夫が妻にグロッキーにされる映画です。しかし実は、みっともないくらい夫目線の映画でもあります。それは、ラストシーンで如実に表されます。

なんと本作のラストは、世の夫たち全員が拍手喝采するであろう「あるある情景」で終わります!! これには、同じ傷を抱えた妻帯者たちが肩を抱き合い涙を流して同調し合うこと間違いなし。史上まれにみる「男らしさ」をかなぐり捨てたような醜悪な―いや、秀逸なラストシーン! (熱弁)(二度目)

しかし監督、正直、妻への腹いせで作ったとしか思えません。まさか…、そんなラストを持ってくるとは…。あんた身を削ったな!

具体的なネタバレは避けますが…、つまるところ、お前もやんってやつ。ほんとによくあるやつ。「女らしさ」という言葉に怒る女性が、「男のくせに!」を連発するようなアレです。この描写には、男の怨念さえ感じました。制作者は、きっと妻への鬱憤がたまっていたに違いありません。その勇気には、いたく感服します。しかし、「男らしさ」は皆無です。

このラストにニンマリしている所を妻に見られようものなら大変。「ちっちぇー男だな」と、一刀両断されること請け合いです。

あ、あと、それから。
彼らの子ども達が本当に気の毒です。両親のただならぬ空気に、こっそり涙を流していました。きっと、二度とこの両親と旅行するのはノーサンキューでしょう。雪崩よりも、危険運転のバスよりも、よっぽどトラウマになっているはずです。

そういう面から見ても。
おたくら二人は、両成敗なんだよ。


 


最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
一言でもコメントをもらえたら、やる気湧きます!


↓よかったら、クリックにて1票、お願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

<スポンサードリンク>


Posted on 2016/02/15 Mon. 22:06 [edit]

TB: 0    CM: 0

15

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→https://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/288-290e2462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list