素人目線の映画感想ブログ

素人による、素人のための映画感想・レビュー。 映画文法や方程式なんのその。

記憶にございません!/実はこの総理、一級の策士。 


記憶に

 記憶にございません!
 (2019年 日本映画)
 79/100点


<ネタバレをしています。>


予告編が、『JOKER』に匹敵するくらい面白そうだったんですよね。中井貴一の悪ぶりが最高です。「だから記憶にねーんだよ」って言い回しが、『アウトレイジ』の「バカヤロー」ほど耳に心地いい。おまけに、頭に石が当たるとこなんて、何であんなに面白いかね?

意外に評判もいいので、遅ればせながら観てきました。
で。
まずまずでした! 佳作かなあ…。序盤はすごく良かった。ひょっとして三谷幸喜の最高傑作か、と思わせるほど楽しかったんです。

序盤から、すぐに総理は「記憶喪失」状態です。例の「悪い総理」は、予告編と同じニュース映像で登場する程度。つまり、我々観客は総理と同じ視点です。妙に優しい総理に周囲がびっくりすることで、「普段がどれほどひどかったのか」を、総理と同様に段々知っていくという仕掛け。

側近以外に記憶喪失は内緒だから、それによって行き違いも起きます。総理官邸で我がもの顔で寝っ転がっていた女性を妻だと思ってハグしたら、家政婦だったとかね。

そうした小ネタの応酬で、次々と笑いが起こる楽しさに溢れています。

この仕掛けだけで、本作はもう大成功を約束されたようなもの! …だと思ったんですけど。後半から、三谷映画にありがちな「悪いクセ」が出てきます。

記憶にございません4


まず、無駄なシーンが多い。『清州会議』の時の旗取り競争みたいな、つまらないエピソードが結構あります。総理夫人のダンス番組とか、野党議員との不倫のくだりとか、いらないよね。

キャラクターの野暮ったさ(作り物感)も目立ちます。ステレオタイプな政治ゴロ…。佐藤浩市が演じることで、その野暮ったさがフル回転。それと、でっかい耳とかハゲヅラとか、変な被り物がノレない。面白くない。

極めつけは、木村佳乃がアメリカ大統領という、狂気の配役。英語ができない日本人にアメリカ人を演じさせるなんて、滑るに決まってる…、ん…? 日本人女優がアメリカ人を演じると滑る…? 『シン・ゴジラ』の石原さとみのことかーーー!!(そうです) 

…と思ったけど、木村佳乃が急に日本語をしゃべり始めた時は、結構笑えた。だって、当たり前だけど、英語よりめっちゃ流暢だもの。

そうそう。

秘書官の小池栄子は良かったです。「カンブリア宮殿」でたまに見せる、実は龍を転がしてます的なフィクサーっぽさもいいけど、本作の人のいい感じは、好感度高いです。

記憶にございません3


で。

言うなれば、本作はギャップ効果の面白さです。ヤクザなみに乱暴だった総理が、急に優しくなるという、ギャップ。

ただ。

国民が望むようにしたらいいじゃん、という総理の発想に清々しさはあるけれど、これって大衆迎合政治の極めつけですよね。そんな甘くないよね…という気がして、どこか「安っぽさ」も感じるのでした。

作り手もそれが分かっているから、有働さん演じるキャスターに「受け狙いでしょ」と言わせたり、簡単に支持率が上がらなかったり、バランスを取ってます。…でも、このバランス取りが言い訳に過ぎず、物語に効果がないから、カタルシスを削るだけ。

記憶にございません2


<結末のネタバレをします。>


本作の面白さは、「しがらみ」というテーマだと思うんです。

実は、総理の記憶喪失は途中で治っていました。それでも記憶喪失のフリをして別人格を演じたのは、政治を腐らせる「しがらみ」を、非情に断ち切る強さを持つためだったと思います。

不倫相手や建設会社の社長、官房長官とか。

となると。
ふつう人格はそこまで変わりませんから、「悪い総理」自体が、もともと芝居だった可能性もあります。その場その場で必要な人格を演じ、自分の立場を有利にしたり、政治を円滑に進めていたのかも…。政治のフィクサーを安心させるために、転がしやすいバカ総理のフリをしたりね…。

そう考えると。
実はこの総理、一級の策士です。賛否あるだろうけど、トランプ大統領だって、「粗暴でむちゃくちゃな大統領」のフリをしているかもしれませんよ。「交渉」には、その方が相手を怖がらせられます。また、大改革の為に無茶をやってくれそうな人を国民が望んでいる場合もあります。

表面上のキャラクターだけでは、その人の本当の姿は分かりません…、ん…? 表面だけだとその人の本当のことは分からない…? 木下優樹菜のことかーーー!!(ある意味、見たまんまだけど)。

そうだ。
三谷幸喜の政治ドラマと言えば、田村正和の『総理と呼ばないで』が好きだったなあ。あちらも、悪い総理が心優しい総理に変わっていくドラマ。本作に結構似ています。

↓『総理と呼ばないで』最終回のスピーチシーン。



素人目線の感想を読んでいただいた方へ。
一言でもコメントをもらえたら、やる気湧きます!


↓よかったら、クリックにて1票、お願いします!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

<スポンサードリンク>


Posted on 2019/11/04 Mon. 11:05 [edit]

TB: 0    CM: 0

04

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→https://eigamove.blog.fc2.com/tb.php/426-25468001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list